Sound Horizon, 宵闇の唄: We need your help!

  • I can comment on it

  • I know the meaning

  • I can review it

  • I can add the lyrics

Skip to video »
Genre not found
Artist not found
Album not found
Song not found
宵闇の唄
by Sound Horizon

We have lyrics for these tracks by Sound Horizon:

...Reloaded 「もう一度やり直せるなら、もっと上手に生きられるますように…。」 黒の歷史紡がれるより以前 零の地平線に埋もれた物…
Ark 「箱庭を騙る檻の中で 禁断の海馬(器官)に手を加えて 驕れる無能な創造神(神)にでも成った心算(つもり)なの…」 …
Baroque (Kanojo koso watashi no ERISU nano darou ka) Shu yo, wata…
Black Chronicle 古き遺跡より発掘されし 黒き書物 それは歴史を覆す・・・否 その全てを肯定する 最悪の予言書・・・ 色褪せた紙…
Sacrifice 「彼女こそ...私のエリスなのだろうか...」 (Sacrifice, 66Sacrifice, ah...Sac…
Sound Horizon Sound Horizon presents… ~ 序章 『 Sound Ho…
Stardust Osoroi ne watashitachi kore de osoroi ne aa shiawase... Star…
Yield 一人娘は せっせと種を蒔く 変わらぬ過去に 訪れぬ未来に 不毛な行為と 君は笑うだろうか? それなら君は 幸せ…
そこに在る風景 そこに在る風景 ──幻想とは詩を綴るような遊戯 タナトスは誰も逃がさない── そこに在る風景… 闇へと続く…
ゆりかご (七番目の記憶) ゆりかごの中 まどろむように たゆたう季節(とき)は 暁の春 爽やかな風 鳥の歌声 暖かな…
アーベルジュの戦い (第八巻 324頁) 「…Arbelge」時代が求めた英雄 それとて満ち足りた事ではない いや むしろ欠けてさ…
タナトスの幻想 ──囚われし虚構の城 珊瑚が還るのは始まりの部屋── 壊れたマリオネット 銀色の馬車 輪廻の砂時計 珊瑚の城 タ…
争いの系譜 ―かつて世界には 神より遣わされし蒼氷の石が在った 古の聖者がその秘石(ひせき)を用い 焔の悪魔を封じた伝説は伝承…
侵略する者される者 『イベリアの歴史は駆け廻る』 (The chronicle of history. It is as rapid as…
君が生まれてくる世界 永い夜が明ければ 世界は再び輝きを取り戻すだろう 僕達には 届けなければならないモノがあるんだ 明日生まれて来る君へ…
壊れたマリオネット そこに在る風景 ──幾度となく繰り返される風景 唯そこに在るという悲劇── 深い虚無の海で 覚醒を待ってる …
失われし詩 (五番目の記憶) 史実という幻想では 照らせざる記憶の闇 未だ時代も場所も 正確には特定出来ていない ある少女…
少女人形 空は泣いている・・・ 宵闇 街外れ 森の麓 大きな屋敷 何もない部屋 椅子に腰掛けた少女がひとり 人形に語り…
屋根裏ロマン 今晩和(Bonsoir ボンソワール)―― 親愛なる地平線の旅人よ 生と死の荒野を流離う内に...この地平に辿り着い…
恋人を射ち堕とした日 弓がしなり弾けた焔 夜空を凍らせて 凛と蒼く別離の詩を 恋人を射ち堕とす… 遠い日の忘れ物 引き裂かれた傷痕 …
樹氷の君~凍てついた魔女~ 女は 男の子を庇う様にして 雪原をゆく かじかむ手足 凍えそうな身体 それでも 弱音一つ吐かずに歩く 彼女は母親だ…
檻の中の花 殺戮の舞台女優『Michele Malebranche』 その生涯には、あまりにも奇怪な謎が多い。 彼女が犯罪史の表…
檻の中の遊戯 (四番目の記憶…) 薔薇を想わせる緋色の口紅(ローズレッドルージュ) 唇には嘘吐きな約束を 昇り詰めて崩れ堕…
沈んだ歌姫 (第十二巻 741頁) 二人の歌姫 沈むのはいずれか… 紅の歌姫と称されしFirenza領主Firenza公…
海の魔女 (第十三巻 509頁) 私は馬鹿だ…そう沈んでから気付いた…私は 唯…歌いたかった 唯…この歌を聴いて欲しかっ…
澪音の世界 荒れ果てた野を 一人の少女が往く 正確には一人と一匹 少女の右手には赤い紐 その先に結ばれたる首輪もまた赤く 黒銀…
珊瑚の城 ──彼らは待ち続ける 輪廻が砂時計を反転させる瞬間を── 蒼く冷たい海の中 泡沫の夢を見る 忘れ去られた追想は …
石畳の緋き悪魔 残酷ナ『永遠』トイウ苦イ毒ヲ、喰らう覚悟が在るならば、共ニ生キヨウ 残酷な『永遠』という苦い毒を、喰ラウ覚悟を決めたか…
碧い眼の海賊 第十七巻 84ページ… 「大変だお頭、前方に突然巨大な嵐が發生ちやがった!」 「あ~ぁありゃセイレーンですぜお…
約束の丘 (第八巻 216頁) 鬱蒼と生い茂る Welkenraedtの森 その向うに約束の丘がある 瞬いた刹那 そ…
美しきもの 君の大好きなこの旋律(Melodie)…大空へと響け口風琴(Harmonica)… 天使 が抱いた窓枠の画布(Toil…
蒼と白の境界線 海の匂いが好き 心地良い潮風が頬を撫でる ここから見える景色が好き 海と空が同じ蒼で出来きているから・・・ …
薔薇の騎士団 (第九巻 468頁) Avalon朝 Britannia王国 時代を象徴する二人の女傑(Heroine) <…
記憶の水底 (流れてゆきなさい…) (流れてゆきなさい…) 沈みながら眺める世界は虚ろな月明かり いくら水底を照らしても喪…
詩人バラッドの悲劇 (第七巻 168頁) 最期の詩… それはあまりにも素晴らしく 兵は街の恋人に詩って教えた やがてその詩は 人…
輪廻の砂時計 ──やがて訪れる朝日 銀色の馬車が導く ひとつの終焉── 星屑を集めるように 朽ちてゆく世界で 零れ堕ちるまでの…
辿りつく詩 (第九巻 883ページ) 盲目の詩人 ルーナは静かに唇を開いた… これより歌うは…ある娘が 大切なモノに辿り…
銀色の馬車 ──衝動という名の忌避すべき悪夢 壊れたマリオネットは誰?── 救いなき世界に生まれ堕ちる者達 その身に絡み付く…
雷神の左腕 (第一巻 816頁) こんな嵐の夜は 傷痕が疼く 右腕を引き千切る様な 在るはずの無い痛み 誰に話すこともなく…
雷神の系譜 (第四巻 27頁) (世界を救いし隻腕の英雄亡き後 邪神が封印されし地に街を築き 自らが結界の役割を果たし …
魔法使いサラバント 魔法使いサラバント (三番目の記憶) 昔あるところに 恋人を亡くしたひとりの魔法使いがいた 彼が求めたのは…
黒の予言書 幻想物語組曲…クロニクル世界 それは…歴史を辿る少女と世界の物語 詠いたい詩があるんだ…辿りたい途があるんだ… …

The lyrics can frequently be found here (check the full description and comments) or by filtering for lyric videos.

Help us build the world's largest lyrics collection by contributing lyrics in the comments below.