Genre not found
Artist not found
Album not found
Song not found

じゃっ 夏なんで
かせきさいだぁ≡ Lyrics


No lyrics text found for this track.

The lyrics can frequently be found in the comments below, by filtering for lyric videos or browsing the comments in the different videos below.
Most interesting comment from YouTube:

hagino syu

ボクが随分素早く汽車から降りたタメ雲を焦がしたくらいさ

梶井基次郎の檸檬の中に出てくるような街の中は

埃っぽい匂いが立ち込める通り雨の後で

また鳴きだした蝉の声響く路地は駒絵と化したかのよう

遠くから聞こえる祭囃子 背筋を伸ばした 向日葵

横をすり抜ける少年の 飛び越す水溜りを跨いでから

ちょうどそこの角を曲がる 僕の視界に飛び込むのは

どこか大人びた君と モコモコと ソフトクリームのような入道雲

今までだんまりを決め込んでた風鈴達さえ 勢い騒ぎだしたのは

僕でさえはじめてみる君の浴衣姿の所為だけじゃなくて

その口元すっと引かれた紅の熱に浮かされた僕が

風をこう ドッと辺りに巻き起こしたからさ

神社への道はちょっとした賑わいを見せ ゆらゆら燃える陽炎 蝉時雨

浴衣姿薄化粧のそのほんの一寸赤い口紅の所為で

喉はカラカラさ 嗚呼 さいだあがあればこんな日は

でも君のリクエストに答えシャクシャクと 君と一緒に食べるカキ氷

夜ともなれば二人は誘蛾灯に誘い寄せられる虫たちのごとく

祭りに向かう人並みの中 ウスバカゲロウさ きみは

僕の呟き声に薄化粧を直した 君が振り向くとしたら

湯上りのシッカロールのにほいを ほんの少しだけフワっと夜風に乗せる

または"夏のFlora"

カランコロン鳥居潜り カンラカンラと笑い声響く境内に 尺玉花火も加わり

君の口紅 紅を増し浮かんだ ホラ鹿も舞う夏の夜空

帰り道の川原はコロコロと河鹿鳴き

口に寄せる リンゴアメ



All comments from YouTube:

あっちょんぶりけ

夏になると聴きにきてしまう。
夏のはじまりに聴くとドキドキした気持ちになるし、
夏の終わりに聴くと凄く切なくなる。

来年の夏もきっと多分聴きにくるんだろうなぁ

Q-model :

こういう、体験したことないはずの夏の情緒を懐かしむみたいに思い出した気分になってしまう曲、滅茶苦茶すき。

KrystalRunner88

still listening to this 7 years after I first heard it

ジングLIVE

誰もが思い描いたけど誰ひとり言語化出来なかった夏の歌。

kamu789

この動画観ると戻れない時間を思い出す

Hdyk Nmy

名前変わってもまだ思い出す

# Methuselah

死にたくなるやんけ

ああ

kamu789 やめろ

わわま

蒸し暑い夏の夜外でタバコ吸いながら聞いてたら何の為に働いてるんだろう、どうせ死ぬのにとか思ってたら泣いてたよね。

helpman 345

この曲を聴くと
日本の夏っていいなって
しみじみ思います

More Comments

More Videos