Genre not found
Artist not found
Album not found
Song not found

夏色
ゆず Lyrics


駐車場のネコはアクビをしながら
今日も一日を過ごしてゆく
何も変わらない 穏やかな街並
みんな夏が来たって 浮かれ気分なのに
君は一人さえない顔してるネ
そうだ君に見せたい物があるんだ

大きな五時半の夕やけ
子供の頃と同じように
海も空も雲も僕等でさえも
染めてゆくから

この長い長い下り坂を
君を自転車の後ろに乗せて
ブレーキいっぱい握りしめて
ゆっくりゆっくり下ってく

風鈴の音でウトウトしながら
夢見ごこちでヨダレをたらしてる
いつもと同じ網戸ごしの風の匂い

休日でみんなもゴロゴロしてるのに
君はずいぶん忙しい顔をしてるネ
そうだいつかのあの場所へ行こう

真夏の夜の波の音は
不思議な程心静かになる
少しだけ全て忘れて波の音の中
包みこまれてゆく

この細い細いうら道を抜けて
誰もいない大きな夜の海見ながら
線香花火に二人で
ゆっくりゆっくり火をつける

いつか君の泪が こぼれおちそうになったら
何もしてあげられないけど 少しでもそばにいるよ

この長い長い下り坂を
君を自転車の後ろに乗せて
ブレーキいっぱい握りしめて
ゆっくりゆっくり下ってく

ゆっくりゆっくり下ってく
ゆっくりゆっくり下ってく

Lyrics © O/B/O APRA AMCOS
Written by: Yujin Kitagawa

Lyrics Licensed & Provided by LyricFind
To comment on specific lyrics, highlight them

More Videos