Genre not found
Artist not found
Album not found
Song not found

舟唄
八代亜紀 Lyrics


お酒はぬるめの 燗がいい
肴はあぶった イカでいい
女は無口な ひとがいい
灯りはぼんやり 灯りゃいい
しみじみ飲めば しみじみと
想い出だけが 行き過ぎる
涙がポロリと こぼれたら
歌いだすのさ 舟唄を
沖の鴎に深酒させてョ
いとしのあの娘とョ 朝寝する
ダンチョネ
店には飾りがないがいい
窓から港が 見えりゃいい
はやりの歌など なくていい
時々霧笛が 鳴ればいい
ほろほろ飲めば ほろほろと
心がすすり 泣いている
あの頃あの娘を 思ったら
歌いだすのさ 舟唄を
ぽつぽつ飲めば ぽつぽつと
未練が胸に 舞い戻る
夜ふけてさびしく なったなら
歌いだすのさ 舟唄を
ルルル...

Writer(s): 阿久 悠, 浜 圭介, 阿久 悠, 浜 圭介

Contributed by Claire W. Suggest a correction in the comments below.
To comment on specific lyrics, highlight them
Comments from YouTube:

若い時は演歌なんて嫌いだったし口ずさむ事も無かったけれど
歳を重ねると演歌の良さが分かってきたような…
歌詞から情景が目に浮かぶし
切なさも伝わって来る。
八代亜紀さんの声も歌も素晴らしいと思います

Minoru Harada

私もロサンゼルス在住30年ですが、亜紀さんのLAコンサートに数年前に行った時に感動しました。仕事帰りで行けるかどうか分からなかったけど、少し遅れで間に合いました。若い頃はロックやソウルばかり聴いていましたが、45〜55歳くらいになるとは日本酒飲みながら演歌を聞くのが至高の時間です。
亜紀さん、サブちゃん、都はるみさん、裕次郎さんの曲が特に好きです。今年55歳になります

Jose Zuñiga

🇨🇱🥰🥰🥰

内田雅仁

高倉健の、駅ステーションで、倍賞千恵子さんとの、大晦日の日、この歌、紅白で、かかつていて、みてた、2人、すごい、シーンだつた、本日は、そんな、いい歌、なくなつた、紅白かなー、つまんない、団体リズム音楽だけだね、つまんないね

Kazuko Ogawa

アメリカ暮らしも、33年になりました。寒い冬おでんを食べる度に、頭に浮かぶのが、なぜかこの曲です。

Jun Ogawa

すごいわかる。新しい演歌はちょっとわからないけど、昔のやつはいいね。なんでだろう。

1 More Replies...

Eyodraws

I love this song!!!

Jose Zuñiga

Donde puedo descargar la letra en español ,si es hermosa en su idioma me imagino q en español será maravilloso

りんりん

柔らかく拡がるハスキーな声だからサビでさえ耳に心地よい。天性の声質に高い歌唱技術、音圧で張り上げたりしないのにこの情感溢れる表現力。加えてこの美貌!う〜ん凄い、すごすぎるわ!!

moooru

演歌が心に染みてくる年代になってきた

More Comments

More Videos