Genre not found
Artist not found
Album not found
Song not found

ざんげの値打ちもない
北原ミレイ Lyrics


あれは二月の 寒い夜
やっと十四に なった頃
窓にちらちら 雪が降り
部屋はひえびえ 暗かった
愛と云うのじゃ ないけれど
私は抱かれて みたかった

あれは五月の 雨の夜
今日で十五と 云う時に
安い指輪を 贈られて
花を一輪 かざられて
愛と云うのじゃ ないけれど
私は捧げて みたかった

あれは八月 暑い夜
すねて十九を 越えた頃
細いナイフを 光らせて
にくい男を 待っていた
愛と云うのじゃ ないけれど
私は捨てられ つらかった

あれは何月 風の夜
とうに二十歳も 過ぎた頃
鉄の格子の 空を見て
月の姿が さみしくて
愛と云うのじゃ ないけれど
私は誰が ほしかった

そうしてこうして 暗い夜
年も忘れた 今日のこと
街にゆらゆら 灯りつき
みんな祈りを するときに
ざんげの値打ちも ないけれど
私は話して みたかった

Writer(s): 村井 邦彦, 阿久 悠

Contributed by Callie C. Suggest a correction in the comments below.
To comment on specific lyrics, highlight them
Comments from YouTube:

団栗猫三郎

この歌はこの人にピッタリです。

asakusawalker

ふった男を刺して刑務所に入った女の歌なんて、ドラマチックな歌は今ないよなあ。

53chika

私は、北原ミレイさんのが一番良いです。そしてこの動画のが声とか歌い方が素晴らしい😊 石狩挽歌も大好き。ハマりました。

pandausagi33

本当に「凄い曲」ですね。作詞も凄いし、歌唱力も凄い。日本歌謡史の金字塔です。

武藤妙子

軽々とコメント出来ない歌詞の内容です

塚本元保

阿久悠さん 最高 昭和は良かったなぁ

Tomita Takeshi

昔、愛宕署一日署長として新橋駅前で歌われてたのを聞きました。
”ひやー酷い厚化粧”と”心無いヤジを飛ばしてた男こそ懺悔しろ!

孤独の職人

こういうドラマチックな演歌がイイな  最近はつまらん

Kaze Hagino

これだけの長編の歌詞を深い意味を聴かせて、しかも最後まで崩れる事もなく歌いきる。精神力が凄まじく強く素晴らしい、此れが歌手です。

norakuro26

ほんとうの作詞家ならテレビでワンコーラスやツーコーラスで切られるなんて耐えられないだろう。 阿久さんと北原さんしか表現できない歌の世界。鳥肌ものです。

More Comments

More Videos