Genre not found
Artist not found
Album not found
Song not found

喜多修平 Lyrics


Atarimae no you na Kiseki 心の吐息が聞こえてしまいそうで 少し不自然に笑ってたんだ キミは足を止めて 不思議そうな顔をする 無防備な瞳(め)に ほ…
Breakin' through 感情に抗うなよ その足を止めんな 倒れるのはまだ早いぜ Breakin' through 撃ち抜けよ 闇を振り解き 辿…
Breakin'through 感情に抗うなよ その足を止めんな 倒れるのはまだ早いぜ Breakin' through 撃ち抜けよ 闇を振り解き 辿…
CAT'S EYE 都会はきらめく passion fruit ウインクしてる every night グラスの中の passion bea…
Determination 揺さぶる時代に振り落とされそう 必死に掴む それが夢なの? 適当な思いで自分を騙しゃ 逃げ切れるなんて思ってないかい? …
Issei no Koe またそんな顔して 唇噛み締めて 弱さを隠してるけど その瞳の奥 うずくまる君が 本当の心なら 思って 泣いて 一人で 不…
Kimi no Kioku 違う空を歩いている 彼方に願いをつなぎ もしも待ってくれていたら 二度と離さないから 「運命ならばきっと大丈夫だよ」と…
Rain of mind どれだけ強く抱き締めたなら 僕等の今が変わるの 差し伸べた消え入るような思い 気付けないままで 今も 窓を叩く 音は …
Sekai de Ichiban Koishiteru 情熱っていうには 未知数すぎる 反射的引きあうような 強い磁力 理性のボーダーライン 軽く越えて 現れたその日から そら…
Sekai no Hate ni Kimi ga Itemo 例えもし君が世界の果てにいても 今すぐに見つけるよ 抑えきれない鼓動 どこにいたってわかってしまう 溢れ出した焦燥感 …
Spiral Lovers 心失くした世界で 取り残され怯えるまま 涙も枯れた君は今 何を見つめてるの? その絶望に砕かれてる 瓦礫の瞳の奥に 溢れ…
あたりまえのような奇跡 心の吐息が聞こえてしまいそうで 少し不自然に笑ってたんだ キミは足を止めて 不思議そうな顔をする 無防備な瞳(め)に ほ…
この手で抱きとめるから 木々の隙間から 夕日がこぼれてる並木道 言い合ったり笑ったり 不思議と安心するよ あの日君と出会って二人 こうして過ごし…



その時が来るまで さっきまで隣で笑ってた頬杖の横顔 指のかたち 気配だけが残る部屋で ひとり いつも通り少し不器用に くれた言葉なぞる 次…
一斉の声 またそんな顔して 唇噛み締めて 弱さを隠してるけど その瞳の奥 うずくまる君が 本当の心なら 思って 泣いて 一人で 不…
世界で一番恋してる 情熱っていうには 未知数すぎる 反射的引きあうような 強い磁力 理性のボーダーライン 軽く越えて 現れたその日から そら…
世界の果てに君がいても 例えもし君が世界の果てにいても 今すぐに見つけるよ 抑えきれない鼓動 どこにいたってわかってしまう 溢れ出した焦燥感 …
君への旅路 違う空を歩いている 彼方に願いをつなぎ もしも待ってくれていたら 二度と離さないから 「運命ならばきっと大丈夫だよ」と…
夢光年 星屑の 海の中 ただよう夢求め 時を超えて はるか 人の世で 見失い 今ではもう遠い 夢を探す人よ もしもどこかで …


More Versions