Genre not found
Artist not found
Album not found
Song not found

晴れすぎた空の下で
志方あきこ Lyrics


ひび割れた大地に 赤い砂礫(されき)が舞う
不似合いな程の 青空が綺麗
私は高らかに唄を 歌って
雨の訪れを 待ち続ける

井戸はカラカラで 小石しか出ない
私が生まれた日に 植えた椰子(やし)も枯れ
天窓の花も もうすぐ萎(しお)れそう
私の涙では 水が足りない

太陽よ アポロンの灯(ひ)よ
あなたの接吻(くちづけ)はいらない
風雲(かぜくも)よ雨を連れて
手のひらへ降り注げ

太陽よ アポロンの灯よ
日暮れ前に消え去れ
風雲(かぜくも)よ雨を連れて
この体へ注げ

乾いだ唇 砂の味がした
焼けつく咽(のど)の痛みにはもう慣れた
何度も唄って 何度でも祈ろう
何度も絶望に苛(さいな)まれたとしても

「あの泉は枯れた もうずいぶん前に」
「だがワインだったら まだ十二分さ」
酒場の男らは 濁った目をして
天(てん)の川の下で バッカスと踊る

人々の心は いまにも萎れそう
私の唄だけでは 力が足りない?

星月よ デネブの灯よ
あなたの抱擁(ほうよう)はいらない
いかづちよ雨と共に
手のひらへ降り注げ

星月よ デネブの灯よ
夜明け前に消え去れ
いかづちよ雨と共に
この体へと注げ

Contributed by Nathan S. Suggest a correction in the comments below.
To comment on specific lyrics, highlight them
Most interesting comments from YouTube:

美里。

ひび割れた大地に 赤い砂礫(されき)が舞う
不似合いな程の 青空が綺麗
私は高らかに唄を 歌って
雨の訪れを 待ち続ける

井戸はカラカラで 小石しか出ない
私が生まれた日に 植えた椰子(やし)も枯れ
天窓の花も もうすぐ萎(しお)れそう
私の涙では 水が足りない

太陽よ アポロンの灯(ひ)よ
あなたの接吻(くちづけ)はいらない
風雲(かぜくも)よ雨を連れて
手のひらへ降り注げ

太陽よ アポロンの灯よ
日暮れ前に消え去れ
風雲(かぜくも)よ雨を連れて
この体へ注げ

乾いだ唇 砂の味がした
焼けつく咽(のど)の痛みにはもう慣れた
何度も唄って 何度でも祈ろう
何度も絶望に苛(さいな)まれたとしても

「あの泉は枯れた もうずいぶん前に」
「だがワインだったら まだ十二分さ」
酒場の男らは 濁った目をして
天(てん)の川の下で バッカスと踊る

人々の心は いまにも萎れそう
私の唄だけでは 力が足りない?

星月よ デネブの灯よ
あなたの抱擁(ほうよう)はいらない
いかづちよ雨と共に
手のひらへ降り注げ

星月よ デネブの灯よ
夜明け前に消え去れ
いかづちよ雨と共に
この体へと注げ



cupka

Red sand dances on the cracked earth
The blue sky is unsuitable, but really beautiful
I sing a song in a loud voice
waiting for the arrival of rain for ever and ever

The well is dried up, and it gives only stones
The palm tree planted on the day I was born has withered
The flowers decorating window is going to die
My tears are not enough to moisten them

Oh sun! Apollon's light!
We don't need your kiss!
Oh winds and clouds! Bring the rain!
Pour water onto the palms of my hands!

Oh sun! Apollon's light!
Get away before dark!
Oh winds and clouds! Bring the rain!
Pour water onto this body!

The dried lips tasted like sand
I got used to the scorching pain of throat
I'll sing and pray again and again
Even if I feel hopeless again and again

"That spring has already dried up long ago"
"But wine is more than enough!"
Dirty eyed drunkens are dancing with Bacchus
beneath the Milky Way

People's hearts are going to wither
Is my song not enough to encourage them?

Oh stars and moon! Deneb's light!
We don't need your hug!
Oh thunder! Come with rain!
Pour water onto the palms of my hands!

Oh stars and moon! Deneb's light!
Get away before the dawn!
Oh thunder! Come with rain!
Pour water onto this body!



All comments from YouTube:

美里。

ひび割れた大地に 赤い砂礫(されき)が舞う
不似合いな程の 青空が綺麗
私は高らかに唄を 歌って
雨の訪れを 待ち続ける

井戸はカラカラで 小石しか出ない
私が生まれた日に 植えた椰子(やし)も枯れ
天窓の花も もうすぐ萎(しお)れそう
私の涙では 水が足りない

太陽よ アポロンの灯(ひ)よ
あなたの接吻(くちづけ)はいらない
風雲(かぜくも)よ雨を連れて
手のひらへ降り注げ

太陽よ アポロンの灯よ
日暮れ前に消え去れ
風雲(かぜくも)よ雨を連れて
この体へ注げ

乾いだ唇 砂の味がした
焼けつく咽(のど)の痛みにはもう慣れた
何度も唄って 何度でも祈ろう
何度も絶望に苛(さいな)まれたとしても

「あの泉は枯れた もうずいぶん前に」
「だがワインだったら まだ十二分さ」
酒場の男らは 濁った目をして
天(てん)の川の下で バッカスと踊る

人々の心は いまにも萎れそう
私の唄だけでは 力が足りない?

星月よ デネブの灯よ
あなたの抱擁(ほうよう)はいらない
いかづちよ雨と共に
手のひらへ降り注げ

星月よ デネブの灯よ
夜明け前に消え去れ
いかづちよ雨と共に
この体へと注げ

浜辺美波

なわけねーだろ

阪本

ありがとーーーーーーーーーーう!!!

gomzareす

こんな歌詞だったんだずっと聞いてたけど知らんかったw

ミルズクルサード

+冨岡美里
スゲェ
歌詞と共に試聴すると神曲か!

六郎

もしこの物語の続きが気になるのなら「祈りの果てのひとふり」をどうぞ

cupka

Red sand dances on the cracked earth
The blue sky is unsuitable, but really beautiful
I sing a song in a loud voice
waiting for the arrival of rain for ever and ever

The well is dried up, and it gives only stones
The palm tree planted on the day I was born has withered
The flowers decorating window is going to die
My tears are not enough to moisten them

Oh sun! Apollon's light!
We don't need your kiss!
Oh winds and clouds! Bring the rain!
Pour water onto the palms of my hands!

Oh sun! Apollon's light!
Get away before dark!
Oh winds and clouds! Bring the rain!
Pour water onto this body!

The dried lips tasted like sand
I got used to the scorching pain of throat
I'll sing and pray again and again
Even if I feel hopeless again and again

"That spring has already dried up long ago"
"But wine is more than enough!"
Dirty eyed drunkens are dancing with Bacchus
beneath the Milky Way

People's hearts are going to wither
Is my song not enough to encourage them?

Oh stars and moon! Deneb's light!
We don't need your hug!
Oh thunder! Come with rain!
Pour water onto the palms of my hands!

Oh stars and moon! Deneb's light!
Get away before the dawn!
Oh thunder! Come with rain!
Pour water onto this body!

Semo Semo

Thank you

Ertan Yiğit Özkaloğlu

Medieval Europe + Japan = Perfectness.

Brauny74

@Niyu Cuatro It sounds more like a prayer for rain in a drought, than Renessaince-style dedication to such believes. Also, Ancient Greece music kinda sounded a bit like Celtic Folk too.

More Comments