Genre not found
Artist not found
Album not found
Song not found

電話線
矢野顕子 Lyrics


細い声をのせた電話線は
夢中で空を かけてゆくの
やまぶき色の気流にのって
すみれ色の湖をこえて
あなたの耳へ
どんなに遠くはなれていても
私の心は ついてゆく
あなたを守るため
あなたをつつむため
微笑んでもらうため
あなたの耳へ
舞いおちた涙をかき集めて
手の平にのせて 私にください
そのかわり 暖かな歌を
うたって あげるから

どこかに置き忘れた言葉を
つなぎとめる 鍵をなくし
とびうお色の雲の中を探しつづけ
あなただけに歌う
あなたの耳へ
くだけ散った夢のかけらは
少しづつ 集めていきましょう
アネモネ色の光はなち
くちなしのにおい まき散らして
あなたの耳へ

Lyrics © O/B/O APRA AMCOS
Written by: 顕子 矢野

Lyrics Licensed & Provided by LyricFind
To comment on specific lyrics, highlight them
Comments from YouTube:

GON Perfume

となりの山田くんで使われてた曲だよね
知ってる人は知ってるはず…

03363140

となりの山田くん好きだったなあ

pescado_al_ajillo

GON Perfume さん
色々なテイクが発表されてますが、最初の最初、オリジナルですよね
リトル・フィートのバックが贅沢

amatera66

ユーミンが、この曲を好きだと言っていました。矢野さんは「きっと言える」が好きだそうです。

高妻志保

大好きな曲です

Passer montanus

矢野さんの中でも、大好きなナンバーの一曲❗🎵😁👍

オールドタイプ研究所

初めて聞いたとき凄すぎてぶっ飛んだ思い出

人間合格

この曲のイントロ、無茶苦茶難しいのよね

ohirune kumasan

23か4でこの曲が書けるとは

Moonthtaria Eggdowell

となりの山田くんから。

3分ちょっとの曲なのに、こんなに命が吹き込まれてる歌は最近そうないよね…

More Comments

More Videos