HOWEVER
by Glay

幾千の出会い別れ全て
この地球(ほし)で生まれて
すれ違うだけの人もいたね
わかり合えないままに
慣れない街の届かぬ夢に
迷いそうな時にも
暗闇を駆けぬける勇気を
くれたのはあなたでした
絶え間なく注ぐ愛の名を
永遠と呼ぶ事ができたなら
言葉では伝える事が
どうしてもできなかった
愛しさの意味を知る
あなたを幸せにしたい…
胸に宿る未来図を
悲しみの涙に濡らさぬ様
紡ぎ合い生きてる
愛の始まりに心戸惑い
背を向けた夏の午後
今思えば頼りなく揺れてた
若すぎた日々の罪
それでもどんなに離れていても
あなたを感じてるよ
今度戻ったら一緒に暮らそう
やっぱり二人がいいね いつも
孤独を背負う人々の群れに
たたずんでいた
心寄せる場所を探してた
「出会うのが遅すぎたね」と
泣き出した夜もある
二人の遠まわりさえ一片の人生
傷つけたあなたに今告げよう
誰よりも愛してると…
絶え間なく注ぐ愛の名を
永遠と呼ぶ事ができたなら
言葉では伝える事が
どうしてもできなかった
優しさの意味を知る
恋した日の胸騒ぎを
何気ない週末を
幼さの残るその声を
気の強いまなざしを
あなたを彩る全てを抱きしめて
ゆっくりと歩き出す
やわらかな風が吹くこの場所で

Lyrics © OBO APRA/AMCOS

Lyrics Licensed & Provided by LyricFind

Genre not found
Artist not found
Album not found
Song not found