Genre not found
Artist not found
Album not found
Song not found
ever
by ROUAGE

蒼い夜の途中 感覚もないままで
その腕に抱いた 空白に気付かず
「時」が引き金をひいた
鳴り響くキミの音
僕だけに届いた
想いのように 永遠のように
蒼ざめた夜と 背中をあわせて
この腕に残る 空白にサヨナラ
「時」が引き金をひいた
鳴り響くキミの音
僕だけに届いた
想いのように 永遠のように
ever[blue] ever[blue]
幾つもの夢を 崩れそうな夢を
ever[blue] ever[blue]
護ることもできずに
越えてく[blue] ever[blue]
幾つもの夜に ちぎれた
サヨナラ...

変わらない景色の中
そっと手を離せば
キミが広げた羽のように
そっと祈るように
そっと祈るように
ever[blue] ever[blue]
幾つもの夢を 崩れそうな夢を
ever[blue] ever[blue]
護ることもできずに
越えてく[blue] ever[blue]
幾つものキミは 崩れそうなキミは
ever[blue] ever[blue]
幾つもの夜に ちぎれた
サヨナラ...

Lyrics © null

Lyrics Licensed & Provided by LyricFind
To comment on specific lyrics, highlight them
Comments from YouTube:

Shop of horror Little

このmvすごいビジュアル系の90年代めちゃくちゃ物語ってますね

廃墟、ピストル、ナイフ、テラテラの黒い服。すさまじい数の要素入り込みすぎて垂れ流し!!

the sun also rises

20年前に聞いてたけど、もっと売れても良かったバンド

加納慈伍楼

the sun also rises
バンドとしは凄く面白い存在だったんだよ。
ただ技術だのスケールだのセオリー通りの耳しか持たないリスナーには常に???マークが出るバンドだった。

strawberry三世

神曲!!!!!これ聴きながらウットリ気分で通学してました。懐かしい。やっぱりかっこいい!!

飛内菜津美

懐かしすぎて涙が出そう。

S S

瞬間風速では、LUNA SEAとバクチクを凌駕するときがある

yamamoto yutaka

蒼い夜の途中 感覚もないままで
その腕に抱いた 空白に気付かず


「時」が引き金をひいた 鳴り響くキミの音
僕だけに届いた 想いのように 永遠のように


ever[blue] ever[blue]
幾つもの夢を 崩れそうな夢を
ever[blue] ever[blue]
護ることもできずに
越えてく[blue] ever[blue]
幾つもの夜に ちぎれた
サヨナラ…


変わらない景色の中 そっと手を離せば
キミが広げた羽のように そっと祈るように


そっと祈るように


ever[blue] ever[blue]
幾つもの夢を 崩れそうな夢を
ever[blue] ever[blue]
護ることもできずに
越えてく[blue] ever[blue]
幾つものキミは 崩れそうなキミは
ever[blue] ever[blue]
幾つもの夜に ちぎれた
サヨナラ…

giz mo

kazushiは黒くて長いヒラヒラが、似合う。

土田雄聖

音源のドラムスはそうる透先生。

みめぐみ

3:47
当時から思ってたんですけど…
ここ、平行移動してるように見えて仕方がない…

More Comments

More Videos