amazarashi, Sora Ni Utaeba: We need your help!

  • I can comment on it

  • I know the meaning

  • I can review it

  • I can translate it

Skip to video »
Genre not found
Artist not found
Album not found
Song not found
Sora Ni Utaeba
by amazarashi

虚実を切り裂いて 蒼天を仰いで 飛び立った永久
空に歌えば 後悔も否応無く
必然 必然 なるべくしてなる未来だ それ故 足掻け

蜃気楼 涙の川を漕ぎ出して 幾星霜
さよなら 行かざるを得ない 何を失ったとて

忘れない 悔しさも 屈辱も 胸に飾って

虚実を切り裂いて 蒼天を仰いで 飛び立った永久
空に歌えば 後悔も否応無く
必然 必然 断ち切るには眩し過ぎた 未来へ 足掻け

人を傷つけずには 本懐は遂げられず
失って構わないと思える 理想が道しるべ

笑うなら 笑ってよ 嘲笑も 道連れにして

あの日の君の声 言いたかった事 言えなかった事
空に歌えば 後悔を振り切って
必然 必然 投げ出すには背負いすぎた それ故 足掻け

苦悩は一陣の驟雨となりて 行かすものかと足にすがる嘲笑の泥濘
雨雲に幽閉 隔離された空 捕縛された暗がりからの逃走
掴んだものはすぐにすり抜けた 信じたものは呆気なく過ぎ去った
それでも それらが残していった この温みだけで この人生は生きるに値する
失意の濁流を抜けて 曇天から射す一条の光
その時 既にもう 雨は上がっていた

虚実を切り裂いて 蒼天を仰いで 飛び立った永久
空に歌えば あの日なにか叫んでた君の声
言いたかった事 言えなかった事
空に歌えば 後悔も連れ立って
必然 必然 終わらすには失くしすぎた それ故 足掻け
有限 有限 残り僅かな未来だ それ故 足掻け

Lyrics © Sony/ATV Music Publishing LLC
Written by: Hiromu Akita

Lyrics Licensed & Provided by LyricFind
To comment on specific lyrics, highlight them

More Videos