硝子の少年
by KinKi Kids

雨が踊るバス・ストップ
君は誰かに抱かれ

立ちすくむ
ぼくのこと見ない振りした
指に光る指環

そんな小さな宝石で
未来ごと 売り渡す 君が哀しい

ぼくの心は ひび割れたビー玉さ

のぞき込めば 君が
逆さまに映る
Stay with me

硝子の少年時代の
破片が胸へと突き刺さる

舗道の空き缶蹴とばし

バスの窓の君に
背を向ける
映画館の椅子で 

キスを夢中でしたね

くちびるがはれるほど囁きあった
絹のような髪に

ぼくの知らないコロン
振られると予感したよそゆきの街
嘘をつくとき
瞬きをする癖が

遠く離れてゆく
愛を教えてた
Stay with me

硝子の少年時代を
想い出たちだけ横切るよ
痛みがあるから輝く
蒼い日々がきらり
駆けぬける

ぼくの心は ひび割れたビー玉さ

のぞき込めば君が
逆さまに映る
Stay with me
硝子の少年時代を

想い出たちだけ横切るよ
痛みがあるから輝く

蒼い日々がきらり
Stay with me

硝子の少年時代の
破片が胸へと突き刺さる
何かが終わってはじまる
雲が切れてぼくを
照らし出す
君だけを
愛してた

Contributed by Claire E. Suggest a correction in the comments below.

Genre not found
Artist not found
Album not found
Song not found