坂の上の家
大橋純子 Lyrics


なだらかな坂道を 子供らが駆けてゆく
あんなにも無邪気なころが
あったような気がする
遠い昔 笑いころげ泣きじゃくり

会ったり別れたりの夕暮れに
生きたぶんだけ魂が
病んでゆくのを見てきた
歳月は忘れてゆくためにあるのだろうか
だから私
もう愛してしまうだろう
だから私
この坂をのぼってゆくだろう

なだらかな坂道で 老人が休んでる
あんなにも静かなときが
やってくるのだろうか
遠い今 ほほえんでいれるだろうか

生まれたり死んだりの夕暮れに
人はいつでも忙しく
動きまわっていた
歳月は疲れてゆくためにあるのだろうか

だから私
もう愛してしまうだろう
だから私
この坂をのぼってゆくだろう

Writer(s): Osami Okamoto, Ken Satou

Contributed by Oliver T. Suggest a correction in the comments below.
To comment on specific lyrics, highlight them
Genre not found
Artist not found
Album not found
Song not found
Comments from YouTube:

J-Pop Fantasia

Hm, so this song was used in a TV soap opera. Sounds quite fitting. Junko belts it out as usual! She had quite a strong debut album :)

green bean

Beautiful ❤️

zeeq wan

Much prefer her 70s stuff nowadays, really good

夢みるゆめ子

素敵❤️です
純子🎵歌声大好き🍀😌🍀

三上博史

「娘の結婚」の主題歌でした。フジテレビのライオン奥様劇場だったかな?

The Largest Collection of Music From Japan on Here

Tell me this woman can't sing.

Maximiano Coelho

I wouldnt dare!!!

More Videos