あこがれ
大貫妙子 Lyrics


小さい頃おとなになれば
叱られないですむと思ってた
長い間憧れてた
としに近付いたこと ふと気付く
思うままにすべてが
うまくいきすぎた時に
誰も声をかけないなら
自分で咎めて生きてきた

小さい頃おとなになれぱ
この家を出られると思ってた
長い間望んでいた
としに近付いたこと ふと気付く
いつの間にか独りで
暮らし姶めていたけれど
寒い部屋を暖ためるのは
愛を与え統けてきたあなた

Contributed by Emily O. Suggest a correction in the comments below.
To comment on specific lyrics, highlight them
Genre not found
Artist not found
Album not found
Song not found
Comments from YouTube:

Lumerak R.

ペルーからの美しい、挨拶

mahemo

ありがとうございます。

Hitoshi Kunitake

選曲が渋くてすきです!
定期的にライブしてるんですか?

mahemo

コメントありがとうございます。ライブは年に1~2回やっています。

More Videos