Genre not found
Artist not found
Album not found
Song not found

Mugo-n Iroppoi
工藤静香 Lyrics


We have lyrics for these tracks by 工藤静香:

7 私からあなたへと なぐさめのKissでもして ポーカーの相手でもするわ 極端に甘えられ 言いなりのDollになる よくな…
Adamas〜征服されざる者 Baby 明日を信じるたちじゃないよ ただ今この時だけ 生きてたいの You 邪魔になるのよ Ah 行きすぎた愛は あな…
Again (I can't forget your love) 私を探さないで (I can't forget your love…
Arashi no yoru no Serenade 季節はずれの嵐が 窓を叩く midnight ブラインド越しに にじむ夜の都会 そっと 二人を包んでく 危険な恋の …
Blue Rose 大切な愛をなくして 泣いてみるのもいいんじゃない 女なら余裕見せてよ 胸の真ん中ひき裂いて like a sweet d…
Blue Velvet ラン トゥ ザ ハリケーン ドラマティックに 叶わぬ夢を叶えよう もう何も怖くない そう今しかないわ ぼやぼやしてる時間…
Doukoku 避けられてるかもしれない予感 それとなく それとなく感じてた 愛されてるかもしれない期待 かろうじて かろうじてつないだ…
FU-JI-TSU こんな小さな星では きっと出会ってしまう 二人... 別れ告げても あんな輝いた日々を 全部無駄にするような 再会だけは…
FU‐JI‐TSU こんな小さな星では きっと出会ってしまう 二人...別れ告げても あんな輝いた日々を 全部 無駄にするような 再会(であ…
I'm nothing to you 笑い声残す この部屋で ただ ぬくもりだけ 置いてくのね I'll never forget your love 自分を…
Ice Rain 泣き続ければいい 涙なくなるまで 壊してしまいたい 心なくなるまで 物語の途中 幸せのページは 春と夏と秋を過ぎ その…
If 光るあの星が ふいに私の方へ 近づいて来たみたい 確かに見たの 額にかかる髪 顔をおおい尽くした そのスキに 海は また…
Jaguar Line サバンナ駆け抜けてく するどい瞳して 一匹の女豹がね ハンターと恋いに落ち 死ぬか 殺すか 迷った 追いかけても…
Kanashimi no Etranger しまるドアにとびのり涙ふいた あの時 私は愛にはぐれたエトランゼ きしむレール闇に響かせて 私を運ぶ地下鉄 あなたなしで…
Kindan no Telepathy Tell me why, tell me why チュッ チュッ tell me why Tell…
Mugo N…Iroppoi 言えないのよ 言えないのよ 言いたいことなら どれくらい あるかわからなく あふれてる 私 心は おしゃべりだわ 言…
MUGO・ん・・・色っぽい 言えないのよ 言えないのよ 言いたい事なら どれくらい あるかわからなく 溢れてる 私 心はおしゃべりだわ 言いたい…
Mysterious 薔薇の花が 枯れてく音を あなたの部屋に 届けたくって 彼女が今 部屋にいること 知ってたけど ドアを叩いた ドアを…
Natsu Ga Kureta MIRACLE 夏がいっぱい あふれてくる ほほえみ いますぐにつかまえて ハートいっぱい ひろがる空 みつけたら 熱く甘く響く あなた…
No no no no 〜琥珀のCocktail〜 No no no no おとせない 琥珀(こはく)のカクテルじゃ 結末は そうよいつも 来週に続くでしょ No no n…
Non-stop こ・わ・く・な・い 涙なんか 痛みなんか こ・わ・く・な・い 傷ついても 逃げないわ ふれてみて わたしが変わる Woo…
Passage 海岸線 飛ばして やって来た 2人きり いつものグループ抜け出して... 顔馴じみ ダイナー 席順も決まってる いつか …
Poison Kiss 気をつけなよ 毒がまわる Poison Kiss chu chu 爆発するよ このままベイビー 一緒にいようよ 君が好き…
Wine hitokuchi no uso 熱い吐息に誘われ 粉雪が踊る 白い帰り道 ラジオを消して 車を停めたら 空にとけそうね 膝に置いた ゆびさき あなたのこ…
X'masがいっぱい ふたりだけの夢に Merry X'mas 愛されたらいつもMerry X'mas 待ちぼうけの午後 電話 投げて 古い手…
きらら 思いを きららの流れに 貴方に 伝えたくて ずっと 感じている 胸に溢れてる 聞かせて 何処までつづくの 聞かせ…
とても小さな傷心 サイレン 銀色のビルから響く夜 Oh Close Your Eyes 瞳のないマネキンが 鏡に笑ってる Oh Close…
ぼやぼやできない ごらんよ女たちの胸 薔薇んが枯れてゆく 男たちは浮かれた疾風 なにもわかってない だんだんと街の灯消えて スリ…
めちゃくちゃに泣いてしまいたい 逢いたくてしかたなくて なのに言えない気持ちがつらい 情けない 恋をしたと そんな言いかた せつないじゃない ど…
パッセージ 海岸線 飛ばして やって来た 2人きり いつものグループ 抜け出して 顔馴じみ ダイナー 席順も決まってる いつか振り返…
ミステリアス 薔薇の花が 枯れてく音を あなたの部屋に 届けたくて 彼女が今 部屋にいること 知ってたけど ドアを叩いた ドアを開けて…
メタモルフォーゼ だめじゃないのに だめなふりして 許す唇 あなたの肩越しに 震える星座 「夢でいいでしょう」 言いきかせても 肌が裏切る…
ワインひとくちの嘘 熱い吐息に誘われ 粉雪が踊る 白い帰り道 ラジオを消して 車を停めたら 空にとけそうね 膝に置いた ゆびさき あなたのこ…
夢を失くして 言葉もないような 六月の雨音 いつかはきっと 幸せになれる 言い重ねた日々 人はもろくて 勝手な生きも…
千流の雫 吐息のさけぶ声かすかに聞こえてる もう一度かきあげてからむ長い髪 色づくはずのほほなぜ今もこごえたまま いく千粒の…
哀しみのエトランゼ しまるドアにとびのり涙ふいた あの時 私は愛にはぐれたエトランゼ きしむレール闇に響かせて 私を運ぶ地下鉄 あなたなしで…
声を聴かせて 声を聴かせて もう心を閉ざさないで 愛を聴かせて 昨日が遠い風に変わるまで いくじがないだけじゃない そう乾い…
夏がくれたミラクル 夏がいっぱい あふれてくる ほほえみ いますぐに つかまえて ハートいっぱい ひろがる空 みつけたら 熱く甘く響く あな…
夜明けに見送られて 小さなステーション 白いもやに紛れて ホームの右端で 君を想ってた 時計の針 重なる頃 列車が来るよ あの日の 約束を …
天使みたいに踊らせて そそられるRouge 彼女は選んだ ふられた夜 Danceはとまらない 男たち わざと 腰をあててきて みかけだけの色っ…
奇跡の肖像 グラスにワインを 花瓶にスミレを 私にあなたの愛を 吐息でとかした 闇より ひそかに ふたりの歯車 回り出す 名前さえ …
宇宙の正面 上着のスソを握りしめ 小走りに 陽射しのなか あなたについてゆく 好きと言わない この指が微笑みが 大事なこと つたえて…
寂しい夜には私を呼んで 夜更けの舗道で クルマ拾った 眠った家並 指がふるえた Ah 5分でも 逢えるのならば 私なら どこへでも 行く (On…
嵐の夜のセレナーデ 季節はずれの嵐が 窓を叩く midnight ブラインド越しに にじむ夜の都会 そっと 二人を包んでく 危険な恋の …
嵐の素顔 嵐を起こして すべてを壊すの 「君は素敵だから一人で平気さ 明日になればまた新しい 恋に出逢えるだろ」 強い女気取る…
恋一夜 濡れた髪をはじめて見せた夜 心が泣いた 抱かれていながらさみしくて かさねてゆく唇でさえたぶん 答えだせない 熱くなる肌…
慟哭 避けられてるかもしれない予感 それとなく それとなく感じてた 愛されてるかもしれない期待 かろうじて かろうじてつ…
抱いてくれたらいいのに 抱いてくれたらいいのに そばにいたいから 胸のふるえを止めて 愛がわかりかけたら きっときっと あなたのことしかみえない…
曼珠沙華 涙にならない悲しみのある事を知ったのは つい この頃 形にならない幸福が何故かしら重いのも そう この頃 あなたへの手紙…
永遠の防波堤 思わず振り向いた 夜明けの海岸線 あなたに そっくりな少年がいたの あの日 セメント埠頭で 遠い朝焼けを前に 同じ涙 流…
激情 2人になりたい 1つになりたい 心細さを見せずに生きるときも かもめになりたい 空気になりたい あなたを傷つけない…
禁断のテレパシー Tell me why... Tell me why... チュッ チュッ Tell me why... Tell…
私について 私について語られる出来事 もれなく聞いてから愛し始めて 私について誰も知らない あなたのその瞳は何処を見てたの …
秋子 パズルゲームのかけらを ポケットに 秋の気配を 聞いている さみしがりやの誰かが てれながら 誘うことばを そらしている…
空と君のあいだに 君が涙のときには 僕はポプラの枝になる 孤独な人につけこむ ようなことは言えなくて 君を泣かせたあいつの 正体を僕は知っ…
群衆 手をつなぎ 歩いてく 幸せそうな人たち街に紛れ 手をほどき 別れてく やつれちまった人たち街に紛れて 憐れんでもはかなん…
裸爪のライオン 裸爪のライオン飛べないカモメ まだあきらめを覚えていない者 今日僕は古い教科書を焼いた 涙をぬぐいながら 校庭の隅でいつ…
証拠をみせて 曲がりくねったスパイラルの上 昇ってくあたしの心 登りつめた恋しさだけが 踏み迷うさみしさの底 ここはどこなのあなた 心…
赤いドレス 何かひとつ手に入れれば 何かひとつ失うよね 信じること ひとつ覚え 臆病になるみたい 難しいよね wow 赤いドレスを着…
鋼の森 鋼の森を抜け出し 鉄の罠を砕いて その目に映されるのは その翼は 傷付いても 止まる事なく 高い空を飛ぼうとする くも…
雨夜の月に どんなに強く 抱きしめていても もっと強く 抱きしめていたい 時に揺られて 逸れそうだよ 愛しき人よ 強がるだけじゃ …
黄砂に吹かれて 黄砂に吹かれてきこえる歌は 忘れたくて忘れた なくしたくてなくしたつらい恋の歌 眠りを破ってきこえる歌は わかってるつも…

The lyrics can frequently be found in the comments below or by filtering for lyric videos.
Most interesting comments from YouTube:

SiāuJû Ông

言えないのよ 言えないのよ

言いたいことなら どれくらい
あるかわからなく あふれてる
私、心は おしゃべりだわ
言いたいことなら あなたには
あとから あとから あふれてる
私、意外と おしゃべりだわ
なのに いざとなると 内気になる
遠い場所から 何度も 話しかけてるのに
目と目で 通じ合う
かすかに、ん、色っぽい
目と目で 通じ合う
そうゆう 仲になりたいわ
無言 いくじなしね
無言 淋しがりね

言いたいことなら あの日から
誰にも負けずに あふれてる
私、気持ちは わがままだわ
なのに いざとなると 内気になる
もっと沢山のは
書いた手紙も しまい込んで 誰も知らない
目と目で 通じ合う
かすかに、ん、色っぽい
目と目で 通じ合う
そうゆう 仲になりたいわ
目と目で 通じ合う
かすかに、ん、色っぽい
目と目で 通じ合う
そうゆう 仲になりたいわ

明日 少し 勇気を出して
視線 投げてみようかしら
目と目で 通じ合う
かすかに、ん、色っぽい
目と目で 通じ合う
そうゆう 仲になりたいわ
無言 いくじなしね
無言 淋しがりね
無言 いくじなしね
無言 淋しがりね

言えないのよ 言えないのよ



ぴちょまる

言えないのよ 言えないのよ

言いたいことならどれくらい
あるかわからなくあふれてる
私心はおしゃべりだわ
言いたいことならあなたには
あとからあとからあふれてる
私意外とおしゃべりだわ
なのにいざとなると内気になる
遠い場所から何度も話しかけてるのに

※目と目で通じ合う
かすかに ん、色っぽい
目と目で通じ合う
そうゆう仲になりたいわ※

☆MUGO・ん いくじなしね
MUGO・ん 淋しがりね☆

言いたいことならあの日から
誰にも負けずにあふれてる
私、気持ちはわがままだわ
なのにいざとなると内気になる
書いた手紙もしまい込んで誰も知らない

(※2回くりかえし)

明日少し勇気を出して
視線投げてみようかしら

(※くりかえし)
(☆2回くりかえし)

言えないのよ 言えないのよ



yu

作詞:中島みゆき
作曲:後藤次利

言えないのよ 言えないのよ

言いたいことならどれくらい
あるかわからなくあふれてる
私心はおしゃべりだわ
言いたいことならあなたには
あとからあとからあふれてる
私意外とおしゃべりだわ

なのにいざとなると内気になる
遠い場所から何度も話しかけてるのに

目と目で通じ合う
かすかに ん、色っぽい
目と目で通じ合う
そうゆう仲になりたいわ

MUGO・ん いくじなしね
MUGO・ん 淋しがりね

言いたいことならあの日から
誰にも負けずにあふれてる
私、気持ちはわがままだわ

なのにいざとなると内気になる
書いた手紙もしまい込んで誰も知らない

目と目で通じ合う
かすかに ん、色っぽい
目と目で通じ合う
そうゆう仲になりたいわ

目と目で通じ合う
かすかに ん、色っぽい
目と目で通じ合う
そうゆう仲になりたいわ

明日少し勇気を出して
視線投げてみようかしら

目と目で通じ合う
かすかに ん、色っぽい
目と目で通じ合う
そうゆう仲になりたいわ

MUGO・ん いくじなしね
MUGO・ん 淋しがりね
MUGO・ん いくじなしね
MUGO・ん 淋しがりね

言えないのよ 言えないのよ



此末 恵美

言えないのよ 言えないのよ

言いたいことならどれくらい
あるかわからなくあふれてる
私心はおしゃべりだわ
言いたいことならあなたには
あとからあとからあふれてる
私意外とおしゃべりだわ
なのにいざとなると内気になる
遠い場所から何度も話しかけてるのに

※目と目で通じ合う
かすかに ん、色っぽい
目と目で通じ合う
そうゆう仲になりたいわ※

☆MUGO・ん いくじなしね
MUGO・ん 淋しがりね☆

言いたいことならあの日から
誰にも負けずにあふれてる
私、気持ちはわがままだわ
なのにいざとなると内気になる
書いた手紙もしまい込んで誰も知らない

(※2回くりかえし)

明日少し勇気を出して
視線投げてみようかしら

(※くりかえし)
(☆2回くりかえし)

言えないのよ 言えないのよ



All comments from YouTube:

[OLD CHANNEL]

this is just one of those songs that never gets old, and i’m all for it. i found this back in mid-august of last year. it’s to this day on my music playlist lmao

Vitor Moura Bolzan Moreira

It's been on mine for at least 5 years now....

Strawberry Jam

Japan was the most wild in the 80's tbh

Human Griefman

I remember first hearing it when I visited Kyoto over 10 years ago, I love this type of music

GO SATAKE

ヤバい、なんか久しぶりに聴いてみたらエンドレスで聴いてます。透き通る声とリズムが中毒性あるわあ。

SiāuJû Ông

言えないのよ 言えないのよ

言いたいことなら どれくらい
あるかわからなく あふれてる
私、心は おしゃべりだわ
言いたいことなら あなたには
あとから あとから あふれてる
私、意外と おしゃべりだわ
なのに いざとなると 内気になる
遠い場所から 何度も 話しかけてるのに
目と目で 通じ合う
かすかに、ん、色っぽい
目と目で 通じ合う
そうゆう 仲になりたいわ
無言 いくじなしね
無言 淋しがりね

言いたいことなら あの日から
誰にも負けずに あふれてる
私、気持ちは わがままだわ
なのに いざとなると 内気になる
もっと沢山のは
書いた手紙も しまい込んで 誰も知らない
目と目で 通じ合う
かすかに、ん、色っぽい
目と目で 通じ合う
そうゆう 仲になりたいわ
目と目で 通じ合う
かすかに、ん、色っぽい
目と目で 通じ合う
そうゆう 仲になりたいわ

明日 少し 勇気を出して
視線 投げてみようかしら
目と目で 通じ合う
かすかに、ん、色っぽい
目と目で 通じ合う
そうゆう 仲になりたいわ
無言 いくじなしね
無言 淋しがりね
無言 いくじなしね
無言 淋しがりね

言えないのよ 言えないのよ

henry shu

As a fan of 80s western pop music, I'd say this song is just awesome!

Lukako

I just love this song!

Myr

C'est tellement bien comme chanson, j'adore !

R W

I didn't know Japanese when I heard this back in the 1993, but I still felt in love with this song! My high school crush lol

More Comments

More Videos