Esperanza
西野カナ Lyrics


La la la la la la la la

君への想いを焦がしてく太陽
胸の高鳴りを止めないでいたいの
叶わない恋と思いたくないよ
たとえ未来が見えなくても

真夏の恋が凍えてる
君のぬくもりに触れたくて
あとどれくらい泣けばいいの
たった一人君に愛されたくて

君の笑顔が眩しすぎて
まるで夏の太陽みたいで
もっと早くに出会ってたら
独り占めできたのかな

着信気にする視線が切ない
あの子になりたい
ただ心だけが叫んでる

真夏の恋が凍えてる
君のぬくもりに触れたくて
あとどれくらい泣けばいいの
たった一人君に愛されたくて

もしも私があの子だったらもっと
優しくできるのに
何が足りないの 何が負けているの
誰より好きなのに

相談相手にされるたびに
張り裂けそうな心を隠してる
愚痴を聞くたび期待してる
私ってずるいのかな

こんなに近くにいるのに届かない
あの子になれない
ただ心だけが壊れてく

真夏の恋が凍えてる
君のぬくもりに触れたくて
あとどれくらい泣けばいいの
たった一人君に愛されたくて

もしも私があの子だったらきっと
わがまま言わないのに
何もいらないの 何も怖くないの
誰より好きだから

君への想いを焦がしてく太陽
胸の高鳴りを止めないでほしいの
叶わない恋と思いたくないよ
いつか未来を変えたいから

真夏の恋が凍えてる
君の優しさを知りたくて
あと少しだけ側にいさせて
たった一人私だけを見て

真夏の恋が凍えてる
君のぬくもりに触れたくて
あとどれくらい泣けばいいの
たった一人君に愛されたくて

もしも私があの子だったらずっと
君だけ見てるのに
何がおこっても 何が邪魔をしても
誰より好きだから

La la la la la la la la

Lyrics © Universal Music Publishing Group
Written by: Nishino Kana, Toshihiro Takita, Hiroshi Yoshida, DJ Mass

Lyrics Licensed & Provided by LyricFind
To comment on specific lyrics, highlight them
Genre not found
Artist not found
Album not found
Song not found
Most interesting comments from YouTube:

まいまい。

歌詞です!🙌🏻✨



君への想いを焦がしてく太陽

胸の高鳴りを止めないでいたいの

叶わない恋と思いたくないよ

たとえ未来が見えなくても



真夏の恋が凍えてる

君のぬくもりに触れたくて

あとどれくらい泣けばいいの

たった一人君に愛されたくて



君の笑顔が眩しすぎて

まるで夏の太陽みたいで

もっと早くに出会ってたら

独り占めできたのかな



着信気にする視線が切ない

あの子になりたい

ただ心だけが叫んでる



真夏の恋が凍えてる

君のぬくもりに触れたくて

あとどれくらい泣けばいいの

たった一人君に愛されたくて



もしも私があの子だったらもっと

優しくできるのに

何が足りないの

何が負けているの

誰より好きなのに



相談相手にされるたびに

張り裂けそうな心を隠してる

愚痴を聞くたび期待してる

私ってずるいのかな



こんなに近くにいるのに届かない

あの子になれない

ただ心だけが壊れてく



真夏の恋が凍えてる

君のぬくもりに触れたくて

あとどれくらい泣けばいいの

たった一人君に愛されたくて



もしも私があの子だったらきっと

わがまま言わないのに

何もいらないの

何も怖くないの

誰より好きだから



君への想いを焦がしてく太陽

胸の高鳴りを止めないでほしいの

叶わない恋と思いたくないよ

いつか未来を変えたいから



真夏の恋が凍えてる

君の優しさを知りたくて

あと少しだけ側にいさせて

たった一人私だけを見て



真夏の恋が凍えてる

君のぬくもりに触れたくて

あとどれくらい泣けばいいの

たった一人君に愛されたくて



もしも私があの子だったらずっと

君だけ見てるのに

何がおこっても

何が邪魔をしても

誰より好きだから



La La La……



訂正あったらコメントして頂けると幸いです😭🙏🏻🙏🏻



ゆうじ

作詞:西野カナ
作曲:DJ MASS(VIVID Neon*)・HIROSHI YOSHIDA・TOSHIHIRO TAKITA
君への想いを焦がしてく太陽
胸の高鳴りを止めないでいたいの
叶わない恋と思いたくないよ
たとえ未来が見えなくても

真夏の恋が凍えてる
君のぬくもりに触れたくて
あとどれくらい泣けばいいの
たった一人君に愛されたくて

君の笑顔が眩しすぎて
まるで夏の太陽みたいで
もっと早くに出会ってたら
独り占めできたのかな

着信気にする視線が切ない
あの子になりたい
ただ心だけが叫んでる

真夏の恋が凍えてる
君のぬくもりに触れたくて
あとどれくらい泣けばいいの
たった一人君に愛されたくて

もしも私があの子だったらもっと
優しくできるのに
何が足りないの
何が負けているの
誰より好きなのに

相談相手にされるたびに
張り裂けそうな心を隠してる
愚痴を聞くたび期待してる
私ってずるいのかな

こんなに近くにいるのに届かない

あの子になれない
ただ心だけが壊れてく

真夏の恋が凍えてる
君のぬくもりに触れたくて
あとどれくらい泣けばいいの
たった一人君に愛されたくて

もしも私があの子だったらきっと
わがまま言わないのに
何もいらないの
何も怖くないの
誰より好きだから

君への想いを焦がしてく太陽
胸の高鳴りを止めないでほしいの
叶わない恋と思いたくないよ
いつか未来を変えたいから

真夏の恋が凍えてる
君の優しさを知りたくて
あと少しだけ側にいさせて
たった一人私だけを見て

真夏の恋が凍えてる
君のぬくもりに触れたくて
あとどれくらい泣けばいいの
たった一人君に愛されたくて

もしも私があの子だったらずっと
君だけ見てるのに
何がおこっても
何が邪魔をしても
誰より好きだから

La La La …



こばんにゃん

君への想いを焦がしてく太陽
胸の高鳴りを止めないでいたいの
叶わない恋と思いたくないよ
たとえ未来が見えなくても

真夏の恋が凍えてる
君のぬくもりに触れたくて
あとどれくらい泣けばいいの
たった一人君に愛されたくて

君の笑顔が眩しすぎて
まるで夏の太陽みたいで
もっと早くに出会ってたら
独り占めできたのかな

着信気にする視線が切ない
あの子になりたい
ただ心だけが叫んでる

真夏の恋が凍えてる
君のぬくもりに触れたくて
あとどれくらい泣けばいいの
たった一人君に愛されたくて

もしも私があの子だったらもっと
優しくできるのに
何が足りないの
何が負けているの
誰より好きなのに

相談相手にされるたびに
張り裂けそうな心を隠してる
愚痴を聞くたび期待してる
私ってずるいのかな

こんなに近くにいるのに届かない
あの子になれない
ただ心だけが壊れてく

真夏の恋が凍えてる
君のぬくもりに触れたくて
あとどれくらい泣けばいいの
たった一人君に愛されたくて

もしも私があの子だったらきっと
わがまま言わないのに
何もいらないの
何も怖くないの
誰より好きだから

君への想いを焦がしてく太陽
胸の高鳴りを止めないでほしいの
叶わない恋と思いたくないよ
いつか未来を変えたいから

真夏の恋が凍えてる
君の優しさを知りたくて
あと少しだけ側にいさせて
たった一人私だけを見て

真夏の恋が凍えてる
君のぬくもりに触れたくて
あとどれくらい泣けばいいの
たった一人君に愛されたくて

もしも私があの子だったらずっと
君だけ見てるのに
何がおこっても
何が邪魔をしても
誰より好きだから

La La La…



てって。

君への想いを焦がしてく太陽
胸の高鳴りを止めないでいたいの
叶わない恋と思いたくないよ
たとえ未来が見えなくても

真夏の恋が凍えてる
君のぬくもりに触れたくて
あとどれくらい泣けばいいの
たった一人君に愛されたくて

君の笑顔が眩しすぎて
まるで夏の太陽みたいで
もっと早くに出会ってたら
独り占めできたのかな

着信気にする視線が切ない
あの子になりたい
ただ心だけが叫んでる

真夏の恋が凍えてる
君のぬくもりに触れたくて
あとどれくらい泣けばいいの
たった一人君に愛されたくて

もしも私があの子だったらもっと
優しくできるのに
何が足りないの
何が負けているの
誰より好きなのに

相談相手にされるたびに
張り裂けそうな心を隠してる
愚痴を聞くたび期待してる
私ってずるいのかな

こんなに近くにいるのに届かない

あの子になれない
ただ心だけが壊れてく

真夏の恋が凍えてる
君のぬくもりに触れたくて
あとどれくらい泣けばいいの
たった一人君に愛されたくて

もしも私があの子だったらきっと
わがまま言わないのに
何もいらないの
何も怖くないの
誰より好きだから

君への想いを焦がしてく太陽
胸の高鳴りを止めないでほしいの
叶わない恋と思いたくないよ
いつか未来を変えたいから

真夏の恋が凍えてる
君の優しさを知りたくて
あと少しだけ側にいさせて
たった一人私だけを見て

真夏の恋が凍えてる
君のぬくもりに触れたくて
あとどれくらい泣けばいいの
たった一人君に愛されたくて

もしも私があの子だったらずっと
君だけ見てるのに
何がおこっても
何が邪魔をしても
誰より好きだから

La La La …



All comments from YouTube:

横田浩

地平線付近で輝くオレンジ色の太陽の沈もうとする頃、水面の美しい波紋の広がる湖畔の水際付近で、纏(まと)った異国情緒の有る衣装で着飾り舞うと同時に歌い始めた彼女は、高鳴る至高の美声で歌い上げる感傷的な趣の歌詞と心地よいテンポのバイオリンとフォークギターの重奏から成る美しい旋律によって聞く全ての者へ爽快感を、与えていた。

yyy

どうしたらこんなに良いリズムが作れるんだろう
圧巻

まあ まあ

まあそれは作曲者にいうことですな

r

真夏の恋が凍えてるって歌詞がもう素敵なんだよね、、
回りくどくなく、真っ直ぐな気持ちを歌詞にしてくれるカナやんの歌にいつも心奪われます☺️

Risa Okada

8か結前カナやん最高です

Risa Okada

かなやんの歌にいつも心つしん?

りゅーくん

自分の中でも上位に入るくらい聴いた曲。これにも思い出がたくさん詰まってる。これを聴いてどこかに出掛けたし、たくさん聴いた。大好きな曲の1つ。もちろん今も聴いてるよ!

Risa Okada

りゆちゃん嵐ファン大好きです😍東京都にありかとうすたて

Risa Okada

自分の中ても

るふな

幼少期に母が車で聴いていて耳に染み付いていました👂
その時は幼くて意味はわからなかったけれど、今いい歳になって共感できる部分が多くて更に好きになりました⸜❤︎⸝‍
特に「何が足りないの 何が負けているの」の歌詞がすごくすごく好きです、泣きそうになる₍ᐢ• ‧̫ •̥ᐢ₎

More Comments

More Videos