BUCK-TICK, IDOL: We need your help!

  • I can comment on it

  • I know the meaning

  • I can review it

  • I can translate it

Skip to video »
Genre not found
Artist not found
Album not found
Song not found
IDOL
by BUCK-TICK

白い病室 縛られていた
視線の先に バラの花園が
ここは地獄か それとも夢
こめかみ響く 針が突き刺さる
琥珀色の 陽炎が
いつまでも このまぶた焦がす

夜が流れる 月が落ちてく
人身蛇尾の 神々舞い降り
俺を誘いに 闇をまとって
あふれる程の 愛を掲げてる
剥がれ落ちた 鱗は
ひとつずつ この肌祝う
素晴らしい 破壊 そして誕生
果てる事の無い宇宙
美しい まるで母の内へと
尽きる事の無い愛

琥珀色の 陽炎が
いつまでも このまぶた焦がす
剥がれ落ちた 鱗は
ひとつずつ この肌祝う
素晴らしい 破壊 そして誕生
果てる事の無い宇宙
美しい まるで母の内へと
尽きる事の無い愛
怖がらず 君は神になるだろう
終わる事の無い宇宙
美しい 全て輝けるだろう
尽きる事の無い愛

Lyrics © O/B/O APRA/AMCOS

Lyrics Licensed & Provided by LyricFind
To comment on specific lyrics, highlight them