D'espairs Ray, Kaleidoscope: We need your help!

  • I can comment on it

  • I know the meaning

  • I can review it

  • I can translate it

Skip to video »
Genre not found
Artist not found
Album not found
Song not found
Kaleidoscope
by D'espairs Ray

逸れた傷だらけの鳥を見てた
君ならば何を想うだろう?
虚ろな君の目が寂しくて
色褪せた...まるで終わりを見てる様に

揺れた空の下 君の手にぬくもりをただ伝えていたい 絶えるまで...

燃えゆく碧き海が地平線も
ほら裂ける まるで終わりへと向かう様に

今海を越え 降り注ぐ色彩が描き出す地で
枯れない想いが今 砕け散る君の傍へ...この歌に乗せ

渡る鳥が旅の終わりを夢見ていた その瞳はどれだけ情景見つめた?

割れた空の中 君の手にぬくもりをただ伝えていたい
君と目に映そう 幾億の色が溶け込む景色を...
この歌を口癖の様に 君だけに溢れ出す言ノ葉を繋ぎ想いを届けて...

Contributed by Callie A. Suggest a correction in the comments below.
To comment on specific lyrics, highlight them

More Videos