When The Wind Was Green
Frank Sinatra Lyrics


When the wind was green at the start of the spring
When the wind was green like a living thing
It was on my lips and its kiss was fair
You were there

When the wind was red like a summer wine
When the wind was red like your lips on mine
It caressed my face and it tossed my hair
You were there
Then came the fall and all of love
came tumbling, stumbling down
Like leaves that lost to frost and found
They were flying, crying
In a brown wind dying

But the winter's come and we both should know
That the wind is white like the swirling snow
And we'll never see all the wonderful things to be seen
When the wind is green

Lyrics © Warner/Chappell Music, Inc., CARLIN AMERICA INC, BMG RIGHTS MANAGEMENT US, LLC
Written by: DON HUNT, GEORGE DURGOM

Lyrics Licensed & Provided by LyricFind
To comment on specific lyrics, highlight them
Genre not found
Artist not found
Album not found
Song not found
Comments from YouTube:

Life goes on

One of the best song that he recorded!

Jade Zee

a MAGNIFICENT recording.....no one...can sing this better.....

mid-century pop

🌀🍀🍷《Let me translate the words of this song into Japanese…》🍃❄

♪以下はこの曲の拙訳になりますー鑑賞の際の参考になれば幸いです。。。


風が緑色にきらめいていた頃、春の始めの時分にねー風が緑色にきらめいていた頃、それは生き物みたいだったな…風は俺の唇を掠めて、その接吻 (くちづけ) は最高に心地よかったーまるで君と交わすときのように 

風が紅く輝いていた頃、ちょうど夏のワインみたいにさー風が紅く輝いていた頃、俺に覆い被さる君の唇さながらね /風は俺の頬を撫でると、この髪の毛をクシャってしたんだーまるで君と居るときのように

それから秋になると すっかり愛は 崩れ落ち よろよろと彷徨いだした /まるで霜に覆われて色褪せた木の葉たちが、断末魔のような茶色い風に泣き叫びながら飛び去って行くみたいにね【1】

でも冬がやって来て俺たち二人は思い知らされるんだろうな…風は白いんだってーまるで吹雪みたいにさ /そしてもう二度と見ることもないんだね、あの素晴らしい目にも綾なる景色の数々をーたとえまた風が緑色にきらめき出したとしても…


【脚注1】”lost to the frost and found” は「霜のなかに消えて現れた」ということから「霜葉 (=霜が降りて変色した木の葉)」をイメージ。


♪1949年に出版されたワルツ・タイムの佳調で、作詞作曲は Don Hunt という人。ネットで色々と漁ってはみたのだが大した情報は得られず、ただ出版元がオーストラリアの会社のようなので(?)、もともとは同地で創られた曲なのかも知れないー最初に録音したのは (アメリカでは) Dick Haymes のようで、その後もイーディ・ゴーメやクリス・コナーなどが取り上げているが、イチバン有名なのはやはりこの『SEPTEMBER OF MY YEARS』(Reprise /1965) に収められたシナトラのVer.だろう。ちょっとオリエンタルな風合いもある陰影にとんだメロディ・ラインやブリッジでのドラマティックな展開、フィナーレでの盛り上がり具合など、作曲面でも非常に高度な技量を感じさせる良曲だが、恋の辿る春秋を四季折々に吹く風に準えたそのポエティックな歌詞も素晴らしく、何故他にハントの作品が見当たらないのか (知らないだけ?) 不思議に思えてならないー閑話休題、おそらくこゝでのシナトラはこうした四季の移り変わりを、恋のみならず人生そのものにも投影しながら唄っているはずで、とりわけラストでの「たとえ風が緑色にきらめく季節が廻って来ても、あの頃の素晴らしい景色を目にすることはもう二度とないんだね」という侘しげなフレーズは、人生の秋に差し掛かった聴き手の胸にはずっしりと響いてくるに違いない…また脇を固めるゴードン・ジェンキンスの品格あふれるスコアも流石の伯楽ぶりだ!!

Brian Woody

@MJ Lejer He is just being nice to our Japanese friends. If you have anything rude to say, don't say anything at all.

More Videos