Sakura
Grantz Lyrics


君と出会ったこの街 新たにはじまった日々
さまざまな出来事と さまざまな想いでと 二人を運んだ自転車 空には大きな雲か
あの日見上げたのは 橋越しに消えてく夕日

二人で歩いた祭り 空には大きな花火
暗闇の中に 浮かんでは消えて
気持ちをつないだ約束 小さな小指のリング
なにげない日々が やけにまぶしくて

人は出会い、愛し、別れ、その背の翼、拡げどこへ跳ぶ、どこへ行く
時は常に移り去るもの 同じ風が街を吹き抜ける、かすんでく

そこに咲いたのはさくら 二人を包んだ花びら
同じ季節がまた巡り行く
空からこぼれる日々を 失い、ただうなずいた
何かを壊さなければ前を向けなかった

人は出会い、愛し、別れ、 その背の翼、拡げどこへ跳ぶ、どこへ行く
時は常に移り去るもの 同じ風が街を吹き抜ける、かすんでく

「君に会えてよかった」
それが あの日黙り 伝えられず
後ろ姿だけが残り
さくらだけが街を飾り

人は出会い、愛し、別れ、 その背の翼、拡げどこへ跳ぶ、どこへ行く

そこに咲いたのはさくら 二人を包んだ花びら
同じ季節がまた巡り行く

Contributed by Ava V. Suggest a correction in the comments below.
To comment on specific lyrics, highlight them
Genre not found
Artist not found
Album not found
Song not found
Comments from YouTube:

ササニシキ

君と出会ったこの街 新たにはじまった日々
さまざまな出来事と さまざまな想いでと 二人を運んだ自転車 空には大きな雲か
あの日見上げたのは 橋越しに消えてく夕日


二人で歩いた祭り 空には大きな花火
暗闇の中に 浮かんでは消えて
気持ちをつないだ約束 小さな小指のリング
なにげない日々が やけにまぶしくて

人は出会い、愛し、別れ、その背の翼、拡げどこへ跳ぶ、どこへ行く
時は常に移り去るもの 同じ風が街を吹き抜ける、かすんでく

そこに咲いたのはさくら 二人を包んだ花びら
同じ季節がまた巡り行く
空からこぼれる日々を 失い、ただうなずいた
何かを壊さなければ前を向けなかった

人は出会い、愛し、別れ、 その背の翼、拡げどこへ跳ぶ、どこへ行く
時は常に移り去るもの 同じ風が街を吹き抜ける、かすんでく

「君に会えてよかった」
それが あの日黙り 伝えられず
後ろ姿だけが残り
さくらだけが街を飾り

人は出会い、愛し、別れ、 その背の翼、拡げどこへ跳ぶ、どこへ行く

そこに咲いたのはさくら 二人を包んだ花びら
同じ季節がまた巡り行く

うずまきごま

今の彼らからは想像しにくいラブソング 最高

User

なんと、遂にTuneCore提供来たか・・・

ゲストー

なんか時代の流れを感じる

有吉弘行

七月の雨もお願いします

hi ko

青春感がある。