Autumn Breeze
Hattan Amika Lyrics


夜が明けていく
本当に別れたなんて
今はまだ 思えない
うちに帰って
まぶた腫れるくらい泣いた
寂しい...すごくつらい
なかなか寝つけずに
何度も 目覚まして
その度に 押し寄せる...波のように
あの日のKISS あの花火
あの日の「永遠」
あなたがいない
もう二度と逢えない
Autumn Breeze 秋風
長い冬の夜明けつれ
窓から吹いてくる
夜が明けていく
戻れないならすべてを
つれ去ってほしいよ
あなたがくれたもの
いっぱいありすぎて
服も友達も 古い映画の趣味も
リダイヤルは
あなたのケイタイのままで
押しちゃいそうに
なってやっぱりやめた
Autumn Breeze
ひとりでしばらく過ごしてみるよ
静かな秋の日々
精一杯 愛した...
簡単には立ち直れないけど
今は時間に身をまかせて

Autumn Breeze
秋風 長い冬の夜明けつれ
窓から吹いてくる
夜が明けていく
本当に別れたなんて
今はまだ 思えない

Lyrics © O/B/O APRA AMCOS
Written by: 弘将 伊秩

Lyrics Licensed & Provided by LyricFind
To comment on specific lyrics, highlight them
Genre not found
Artist not found
Album not found
Song not found

More Videos