光の射す方へ
Mr.Children Lyrics


Jump to: Overall Meaning ↴  Line by Line Meaning ↴

蜘蛛の巣の様な高速の上 目的地へ5km 渋滞は続いてる
最近エアコンがいかれてきてる ポンコツに座って 心拍数が増えた 
社会人になって 重荷を背負って 思い知らされてらぁ 
母親がいつか愚痴る様に言った 「夏休みのある小学校時代に帰りたい」

夕食に誘った女の 笑顔が下品で 酔いばかり回った 
身振り手振りが大袈裟で 東洋人の顔して 西洋人のふりしてる 
ストッキングを取って すっぽんぽんにしちゃえば同じもんがついてんだ 
面倒臭くなって 送るのもよして独りきり情熱を振り回す バッティングセンター

僕らは夢見たあげく彷徨って 空振りしては骨折って 
リハビリしてんだ wow wow 
いつの日か 君に届くならいいな 
心につけたプロペラ 時空を越えて 
光の射す方へ

「電話してから来てちょうだい」って 慣れた言い回しで合い鍵をくれんだ 
マスコミが恐いから 結局は貯金箱の中にそいつをしまった 
誰を信用して 何に奮闘して この先歩けばいい? 
デキレースでもって 勝敗がついたって
拍手を送るべき ウィナーは存在しない 

僕らは夢見るあまり彷徨って 大海原で漂って 
さぶいぼたてんだ wow wow 
もっとこの僕を愛して欲しいんだ 
月夜に歌う虫けら 羽を開いて 
光の射す方へ

散らかってる点を拾い集めて 真直ぐな線で結ぶ 
闇を裂いて 海を泳ぎ渡って 風となり大地を這う 
限りあるまたとない永遠を渡って 最短距離で駆け抜けるよ 
僕らは夢見たあげく彷徨って 空振りしては骨折って リハビリしてんだ 

いつの日か 君に届くならいいな 
心につけたプロペラ 時空を越えて 
光の射す方へ 

僕らは夢見るあまり彷徨って 大海原で漂って 
さぶいぼたてんだ もっとこの僕を愛して欲しいんだ 




月夜に歌う虫けら 羽を開いて 
光の射す方へ

Overall Meaning

Mr.Children's song, "Hikari no Sasu Ho e" or "Towards the Direction of the Shining Light", is a song about the struggles and uncertainties of adulthood and the longing to return to the carefree days of childhood. The opening lines describe the frustration of being stuck in traffic while driving towards a destination that is only 5 kilometers away. The singer reflects on how they have become burdened with responsibilities since becoming a working adult, and longs for the simpler times of their elementary school summer vacations. The song also touches on themes of love and relationships, with the singer feeling disillusioned by a date who puts on airs and turns out to be a heavy drinker.


Despite the difficulties they face, however, the singer and their friends continue to dream and strive towards their goals. The chorus of the song speaks of how they will overcome their setbacks and reach their destination one day, propelled forward by the propeller attached to their hearts. The song ultimately leaves open the question of whether they will actually reach their goals, but the message is one of hope and perseverance.


Line by Line Meaning

蜘蛛の巣の様な高速の上 目的地へ5km 渋滞は続いてる
Stuck on a highway like a spider’s web, 5km from the destination with traffic still in motion


最近エアコンがいかれてきてる ポンコツに座って 心拍数が増えた
The air conditioner has broken down quite recently, sitting in a clunker and my heart rate is increasing.


社会人になって 重荷を背負って 思い知らされてらぁ
Since becoming an adult, carrying a heavy burden and it has dawned on me.


母親がいつか愚痴る様に言った 「夏休みのある小学校時代に帰りたい」
My mother once complained that she wanted to go back to elementary school with summer vacations.


夕食に誘った女の 笑顔が下品で 酔いばかり回った 
The woman who invited me to dinner had a vulgar smile, getting drunk and going around in circles.


身振り手振りが大袈裟で 東洋人の顔して 西洋人のふりしてる 
Gestures are exaggerated, looking like a person from the East and acting like a person from the West.


ストッキングを取って すっぽんぽんにしちゃえば同じもんがついてんだ 
If you take off your stockings, it's the same as being naked.


面倒臭くなって 送るのもよして独りきり情熱を振り回す バッティングセンター
I got tired of it, stopped sending messages and swung my passion alone in the batting center.


僕らは夢見たあげく彷徨って 空振りしては骨折って リハビリしてんだ wow wow
We dreamt, got lost in the end, missed and broke bones, and now we are rehabilitating.


いつの日か 君に届くならいいな 
I hope someday it will reach you.


心につけたプロペラ 時空を越えて 
The propeller in my heart transcends space and time.


光の射す方へ
Towards where the light shines.


「電話してから来てちょうだい」って 慣れた言い回しで合い鍵をくれんだ 
She said 'Please call me before you come' and handed me a spare key with a familiar expression.


マスコミが恐いから 結局は貯金箱の中にそいつをしまった 
I was afraid of the media, and in the end, I put it in a savings box.


誰を信用して 何に奮闘して この先歩けばいい?
Who to trust, what to struggle for, what should I do from now on?


デキレースでもって 勝敗がついたって 拍手を送るべき ウィナーは存在しない 
Even with a fixed race and the winner decided, you should applaud, since there is no such thing as a winner.


僕らは夢見たあげく彷徨って 大海原で漂って さぶいぼたてんだ wow wow 
We dreamt and wandered around, drifting in the open sea, and now shiver in the cold.


もっとこの僕を愛して欲しいんだ 月夜に歌う虫けら 羽を開いて 光の射す方へ 
I want you to love me more. In the moonlit night, the bugs sing and spread their wings towards where the light shines.


散らかってる点を拾い集めて 真直ぐな線で結ぶ 
Pick up scattered dots and connect them with a straight line.


闇を裂いて 海を泳ぎ渡って 風となり大地を這う 
Tearing through the darkness, swimming across the sea, the wind crawls over the land.


限りあるまたとない永遠を渡って 最短距離で駆け抜けるよ 
Crossing the limited and infinite eternity, running through the shortest distance.




Contributed by Ellie O. Suggest a correction in the comments below.
To comment on or correct specific content, highlight it

Genre not found
Artist not found
Album not found
Song not found
Most interesting comment from YouTube:

@user-dd9cf2dz5x

自分用   コメントは要らん

「光の射す方へ」歌詞
歌:Mr.Children
作詞:桜井和寿
作曲:桜井和寿
Ah…蜘蛛の巣の様な高速の上
目的地へ5km 渋滞は続いてる
最近エアコンがいかれてきてる
ポンコツに座って 心拍数が増えた

社会人になって 重荷を背負って 思い知らされてらぁ
母親がいつか愚痴る様に言った
「夏休みのある小学校時代に帰りたい」

Da da da hi
夕食に誘った女の
笑顔が下品で 酔いばかり回った
身振り手振りが大袈裟で
東洋人の顔して 西洋人のふりしてる

ストッキングを取って すっぽんぽんにしちゃえば
同じもんがついてんだ
面倒くさくなって 送るのもよして
独りきり情熱を振り回す バッティングセンター

僕らは夢見たあげく 彷徨って
空振りしては骨折って リハビリしてんだ wow wow
いつの日か 君に届くならいいな
心につけたプロペラ 時空を越えて 光の射す方へ

「電話してから来てちょうだい」って
なれた言い回しで 合い鍵をくれんだ
マスコミが恐いから 結局は
貯金箱の中にそいつをしまった

誰を信用して 何に奮闘して この先歩けばいい?
デキレースでもって 勝敗がついたって
拍手を送るべき ウィナーは存在しない

僕らは夢見るあまり 彷徨って
大海原で漂って さぶいぼたてんだ wow wow
もっとこの僕を愛して欲しいんだ
月夜に歌う虫けら
羽を開いて 光の射す方へ

散らかってる点を拾い集めて 真直ぐな線で結ぶ
闇を裂いて 海を泳ぎ渡って 風となり大地を這う
限りあるまたとない永遠を渡って
最短距離で駆け抜けるよ 光の射す方へ

僕らは夢見たあげく 彷徨って
空振りしては骨折って リハビリしてんだ wow wow
いつの日か 君に届くならいいな
心につけたプロペラ 時空を越えて 光の射す方へ

僕らは夢見るあまり 彷徨って
大海原で漂って さぶいぼたてんだ wow wow
もっとこの僕を愛して欲しいんだ
月夜に歌う虫けら 羽を開いて 光の射す方へ

光の射す方へ 光の射す方へ
光の射す方へ 光の射す方へ
光の射す方へ 光の射す方へ
光の射す方へ 光の射す方へ
光の射す方へ



All comments from YouTube:

@user-hy1ry6pn4n

ミスチルの皮肉や社会風刺が本当に好き

@user-ss6pk3gj6m

こういう曲を作れるミスチル のセンス、凄すぎる

@user-hk3yt5qr4l

「夏休みのある小学校時代に帰りたい」のリズム死ぬほど好き

@user-pe5cz1ks3q

やっ!みっ!あっ!しょっ!こぅ!だぃ!かぇ!たーーはーーーーーーい!

@errornew3434

俺は"そいつをしまったあ"のとこが好きです

@stllvlc

個人的にこの曲とニシエヒガシエはセットなんだよなぁ(伝われ)

@tatsuhicky833

剣持信也 なんとなく

@Ov_02Liy

なんとなくわかる

@sosukekobayashi8019

すげぇ分かる。個人的にはその後フェイクが加わった。

@Ov_02Liy

@@sosukekobayashi8019 後出しなんですけど私もそう思ってます!!!!!

More Comments

More Versions