Nothing ever makes me happy
globe Lyrics


Jump to: Overall Meaning ↴  Line by Line Meaning ↴

眠ってたかも知れない
窓から差し込む日差し
ただの夢の話し相手
右から左 流れて行くだけ
心に思って 外に出せない
心に浮かべて 考えすぎちゃう
心に決めて 心配しつづけ
心に感じて 落ち着けないまま
宇宙中さがしても
見つからない 手に入らない
嬉しい事って そんなに
世の中 秘密や嘘も しかたない事
Nobody can find the answer
そうでしょ?
あせらずに でも
今日もまた終わる1日
Nothing ever makes me happy
Nothing ever takes me to the sky
不安な毎日使える
ものはもてあました時間だけ
このごろは友だちも
すどおりの毎日で
雲のようにどんどん
現われてまた消えて
Nothing ever makes me happy
Nothing ever takes me to the
space
どんな想いもすべて
くぐりぬけて ときどき届く幸せ
今度はいつやってくるの?
いつおとずれてくるの?
It doesn't matter 真昼の睡眠
一つの夢 現実に残ってる
路地裏の途中 人目さけた道しるべ
Nothing ever makes me happy
楽しみにしてた食事
口もきかず静かにしてる・・・
深く空気吸って
ここにいることだけでも許して
孤独がきらいで部屋にいれずに
子供の頃は 耐えてた
遠くの方で誰か叫んで
遠くの方をさがした
誰かに手をふりたかったよ
Nothing ever makes me happy
Nothing ever takes me to the sky
宇宙中さがしても
見つからない 手に入らない
嬉しい事って そんなに
やさしくしてくれない
Nothing ever makes me happy
Nothing ever takes me to the
space
泣くだけ泣いて
笑うだけ笑って
この頃むなしさうめるもの何か
わからなくなってる
届かなくなってる
Nothing ever makes me happy
誰か教えて
Nothing ever makes me happy
その場 ありふれてる




とおらない でたらめ
ちょうどいい時期なのに

Overall Meaning

The lyrics of globe's song "Nothing ever makes me happy" speak of an individual's struggle to find happiness in their daily life. They speak of the difficulties in expressing their innermost thoughts and feelings, leading to a sense of anxiety and restlessness. The song talks about the futility of seeking joy in material possessions and worldly achievements. The lyrics express the idea that even though happiness seems elusive, one should not lose hope and keep looking for it. The song ends on a note of desperation, with the singer requesting someone to show them the path to happiness.


The song is a reflection of the struggles that many people face in their search for happiness. It highlights the fact that happiness cannot be bought or acquired through external means, but is a state of mind that can only be achieved through inner peace and contentment. The lyrics urge people to look beyond the superficial and focus on the things that truly matter in life.


Line by Line Meaning

眠ってたかも知れない
Perhaps I was sleeping


窓から差し込む日差し
The sunlight shining in through the window


ただの夢の話し相手
Just someone to talk to about my dreams


右から左 流れて行くだけ
Going in one ear and out the other


心に思って 外に出せない
Thinking something in my heart that I can't express outwardly


心に浮かべて 考えすぎちゃう
Imagining things in my heart and overthinking them


心に決めて 心配しつづけ
Making a decision in my heart and worrying about it persistently


心に感じて 落ち着けないまま
Feeling something in my heart and being unable to calm down


宇宙中さがしても
Searching throughout the universe


見つからない 手に入らない
Unable to find it, unable to obtain it


嬉しい事って そんなに
Are happy things really that important?


世の中 秘密や嘘も しかたない事
In this world, secrets and lies are unavoidable things


Nobody can find the answer
Nobody can find the answer


そうでしょ?
Isn't that right?


あせらずに でも
Without rushing, but


今日もまた終わる1日
Another day is ending today


Nothing ever makes me happy
Nothing ever makes me happy


Nothing ever takes me to the sky
Nothing ever takes me to the sky


不安な毎日使える
The only thing I can use from the anxious everyday


ものはもてあました時間だけ
Is time that was left over


このごろは友だちも
These days, even my friends


すどおりの毎日で
Are just having normal days


雲のようにどんどん
Appearing and disappearing like clouds


現われてまた消えて
One after another


space
Space


どんな想いもすべて
All of my thoughts


くぐりぬけて ときどき届く幸せ
Pass through and sometimes happiness reaches me


今度はいつやってくるの?
When will it come next time?


いつおとずれてくるの?
When will something happen?


It doesn't matter 真昼の睡眠
It doesn't matter, even midday sleeping


一つの夢 現実に残ってる
One dream remains in reality


路地裏の途中 人目さけた道しるべ
A sign along the way in a back alley, away from the public eye


楽しみにしてた食事
The meal I was looking forward to


口もきかず静かにしてる・・・
I remain silent and quiet...


深く空気吸って
Taking a deep breath


ここにいることだけでも許して
Letting myself be okay with just being here


孤独がきらいで部屋にいれずに
Because I hate being alone, I can't stay in my room


子供の頃は 耐えてた
When I was a child, I endured it


遠くの方で誰か叫んで
Someone calls from far away


遠くの方をさがした
I searched in the distance


誰かに手をふりたかったよ
I wanted to wave my hand to someone


やさしくしてくれない
It's not being kind to me


泣くだけ泣いて
I just cry


笑うだけ笑って
I just laugh


この頃むなしさうめるもの何か
Something fills me with emptiness lately


わからなくなってる
I don't understand anymore


届かなくなってる
I can't reach it anymore


誰か教えて
Someone tell me


その場 ありふれてる
That moment is so ordinary


とおらない でたらめ
I can't get through this random feeling


ちょうどいい時期なのに
Even though it's just the right timing




Lyrics © O/B/O APRA/AMCOS

Lyrics Licensed & Provided by LyricFind
To comment on or correct specific content, highlight it

Genre not found
Artist not found
Album not found
Song not found
Most interesting comment from YouTube:

mako Mako

眠ってたかも知れない
窓から差し込む日差し
ただの夢の話し相手
右から左 流れて行くだけ
心に思って 外に出せない
心に浮かべて 考えすぎちゃう
心に決めて 心配しつづけ
心に感じて 落ち着けないまま

宇宙中さがしても
見つからない 手に入らない
嬉しい事って そんなに
世の中 秘密や嘘も しかたない事
Nobody can find the answer そうでしょ?
あせらずに でも今日もまた終わる1日

Nothing ever makes me happy
Nothing ever takes me to the sky
不安な毎日使えるものはもてあました時間だけ
このごろは友だちもすどおりの毎日で
雲のようにどんどん現われてまた消えて

Nothing ever makes me happy
Nothing ever takes me to the space
どんな想いもすべて
くぐりぬけて ときどき届く幸せ
今度はいつやってくるの?
いつおとずれてくるの?

It doesn't matter 真昼の睡眠
一つの夢 現実に残ってる
路地裏の途中 人目さけた道しるべ
Nothing ever makes me happy

楽しみにしてた食事
口もきかず静かにしてる…
深く空気吸って
ここにいることだけでも許して

孤独がきらいで部屋にいれずに
子供の頃は 耐えてた
遠くの方で誰か叫んで
遠くの方をさがした
誰かに手をふりたかったよ

Nothing ever makes me happy
Nothing ever takes me to the sky
宇宙中さがしても
見つからない 手に入らない
嬉しい事って そんなに
やさしくしてくれない

Nothing ever makes me happy
Nothing ever takes me to the space
泣くだけ泣いて
笑うだけ笑って
この頃むなしさうめるもの何か
わからなくなってる
届かなくなってる

Nothing ever makes me happy
誰か教えて

Nothing ever makes me happy
その場 ありふれてる
とおらない でたらめ
ちょうどいい時期なのに



All comments from YouTube:

Kei

孤独をこれだけ表している歌詞で、それでも希望を感じるメロディ。名曲だなあ。

いつも眠いクリス

ここ数ヶ月、ほぼ毎日のように寝る前に聞いてます
今のこの鬱屈した心境をまさに言当てられているかのようで
メロディラインも凄く好き。
この何て言い表したらいいのかわからない孤独感を
(って言っちゃうと陳腐な物に聞こえてくるんだけど)
色んな人が感じているのかな、何て思うと心に来るものがあります

シュガーキートン

ああもう…涙出てくる。良き時代だったよ。前作が偉大だっただけにセールスもあまり伸びず(それでもダブルミリオンは達成)あまり日の目を浴びれなかったけど間違いなく名盤。むしろシングルが少なかった分アルバム曲が多くて個人的には大好きなアルバムです。当時小学生だったけどこの曲をもう数えきれないほど聴いた。
そして今思ったけど98年でこのジャケットのかっこよさやばない?

m su

このアルバムでは3人が一緒に歌ってる曲が多くていいですね。
実はシンプルかつ音の刺激が少ないリズムトラックが聞き飽きない。

mako Mako

眠ってたかも知れない
窓から差し込む日差し
ただの夢の話し相手
右から左 流れて行くだけ
心に思って 外に出せない
心に浮かべて 考えすぎちゃう
心に決めて 心配しつづけ
心に感じて 落ち着けないまま

宇宙中さがしても
見つからない 手に入らない
嬉しい事って そんなに
世の中 秘密や嘘も しかたない事
Nobody can find the answer そうでしょ?
あせらずに でも今日もまた終わる1日

Nothing ever makes me happy
Nothing ever takes me to the sky
不安な毎日使えるものはもてあました時間だけ
このごろは友だちもすどおりの毎日で
雲のようにどんどん現われてまた消えて

Nothing ever makes me happy
Nothing ever takes me to the space
どんな想いもすべて
くぐりぬけて ときどき届く幸せ
今度はいつやってくるの?
いつおとずれてくるの?

It doesn't matter 真昼の睡眠
一つの夢 現実に残ってる
路地裏の途中 人目さけた道しるべ
Nothing ever makes me happy

楽しみにしてた食事
口もきかず静かにしてる…
深く空気吸って
ここにいることだけでも許して

孤独がきらいで部屋にいれずに
子供の頃は 耐えてた
遠くの方で誰か叫んで
遠くの方をさがした
誰かに手をふりたかったよ

Nothing ever makes me happy
Nothing ever takes me to the sky
宇宙中さがしても
見つからない 手に入らない
嬉しい事って そんなに
やさしくしてくれない

Nothing ever makes me happy
Nothing ever takes me to the space
泣くだけ泣いて
笑うだけ笑って
この頃むなしさうめるもの何か
わからなくなってる
届かなくなってる

Nothing ever makes me happy
誰か教えて

Nothing ever makes me happy
その場 ありふれてる
とおらない でたらめ
ちょうどいい時期なのに

Tai Wang Wong

I like this song so much, the lyrics are so blue and soul…

いつも眠いクリス

家にいるのが辛くて仕方なかった時代によく聞いてたなぁ
当時の自分にとっては家の中の方が地獄だったから、早く大人になりたかった
このアルバムは当時を思い出して色んな感情を呼び覚ますんだよね、でも好き

fuji ya

素晴らしい名曲。

zktk566

何度、聞いてもいいわ~

Owens Hsu

what a beautiful song

More Comments