Genre not found
Artist not found
Album not found
Song not found

Alcohol
カヒミ・カリィ Lyrics


わたしのこいびとは
とても猫が好き。
いつもその猫を抱きしめている。
わたしも猫はきらいじゃないけど、
あんまりきまぐれで
ときどき厭になる。
わたしもときどき
とてもいじわるになる。
あなたがソファで
うとうとしている隙に、
きまぐれなその猫を家から
閉め出してパタンとドアの
鍵をかけるの。
あなたはしばらく
ぽんやりしてたけど、
やがてあの猫がいないと気づくの。
あなたはひどく取り乱したり、
のどが渇いて沈んだりして、
だけどやっぱり夜の
街へ猫をさがしに行くの。
そのときわたしは
とつぜん気づくの。
わたしのこいびとは
わたしより猫を愛してるって。

わたしのこいびとは黒い猫が好き。
いつもその猫を抱きしめている。
うっとりするほど
きれいな毛並みで、
あなたはいつでも
やさしく撫でまわす。
わたしも黒が好き。
それはあなたとおなじ。
黒いドレスに黒いハイヒール。
あなたの観ているテレヴィの前で
わたしはそれをゆっくり脱ぐの。
黒い下着に黒いガーターベルトで
すこし微笑って
脚をひらいてみせる。
あなたはしばらく
見つめていたけど、
やがてあの猫を抱きしめたまま
倖せそうに寝息をたてている。
わたしは黒い下着の上に
黒い毛皮のコートを羽織ると
バタンとドアを閉めて出ていく。
夜の街へとお楽しみをさがしに。
でも煙草をひと函買って帰るだけ。
私が帰るときまぐれ猫は暗闇の中で
ただ眼を光らせる。
そのときわたしはきまぐれ
猫に名前があるのを
とつぜん思い出す。
猫の名前はアルコール。

Lyrics © O/B/O APRA AMCOS
Written by: 康陽 小西

Lyrics Licensed & Provided by LyricFind
To comment on specific lyrics, highlight them
Comments from YouTube:

Laurent James

Volutes vocales sous-éthérées.

More Videos