Kaerimichi
Younha Lyrics


夕日が沈む 一人帰り道
キミを想っている

初めて見える景色があるのは
キミがいないから

あの日のコトバが突然すぎて
「僕の彼女」だった
「誰よりも一番に紹介する」と
明日からはキミに向かい
心から笑えますように
まぶしすぎるキミへの想いに
思わず目をふせてしまうけど

もう 消せない気づいたキモチ
キミが好きです

せつなくなったり
悲しくなるのどうしてだろう?
いつもキミはそばにいたのに
サヨナラなんて

うしろを向いて ため息ひとつ
歩き出してしまった
追いかけたい その想い止まらなくて

明日からはキミに向かい
心から笑えますように
まぶしすぎる空に向かい
そっと1人でつぶやいてみる

ねえ 本当は気づいてほしいと
伝えたかったの

ねえ 今でも言えないけれど
キミが好きです

Contributed by Jackson A. Suggest a correction in the comments below.
To comment on specific lyrics, highlight them
Genre not found
Artist not found
Album not found
Song not found
Comments from YouTube:

iEatTwinkiesIOwnYou

The piano melody sounds really pretty. This song's lyrics are very meaningful to me too. :)

Dayane Iwamoto

you are really good playing piano, and got a nice voice too... I don't know what the song talk about, but I really like it...

Ian De Guzman

can you please transcribe a piece?!!!