eufonius, Idea: We need your help!

  • I can comment on it

  • I know the meaning

  • I can review it

  • I can translate it

Skip to video »
Genre not found
Artist not found
Album not found
Song not found
Idea
by eufonius

銀色の空を (果てしない空)
君と眺めた (何も言わずに)
背中に触れて (震える指で)
静かに思う (横顔見上げ)

確かめたい その笑顔を
君のその未来を
立ち尽くして 泣くだけの
自分を消し去って

手を伸ばしたら届きそうな程
想像じゃない、可能性なら
きっと側にある

悲しみも全部力に変えて
限界なんかは時間の果てに
捨ててしまおう
ただ君を目指す為

強い風の中も
まだ進んで行ける

降り注ぐ光
景色を照らし出して
誰もが見知らぬ
世界を映している

重なる姿は
あの日のままじゃなくて
少しは今より
強い二人だろうか

忘れないよ その笑顔を
君が生きる現在を
どこまでも透き通る感覚が
満たしてる

明日この街が灰になっても
何千回でも走続けて
きっとまた出会う

ここは終わりじゃなくて始まりだ
何万回もの迷いの先で
掴んだものは
「信じる」という心

振り向いたその瞳は
何を見つめてるの?

二人繋ぐ遠い記憶が
海よりも深く広く響く
君の元まで伝わるくらいに

手を伸ばしたら届く近さまで
何千回でも君を求めて
今日もまでた走る

ここは終わりじゃなくて始まりだ
何万回でもの願いを込めて
君の名を呼ぶ
そのままで待っていて

この心の中に
君を思い描く
強い風の中も
まだ進んで行くよ

Contributed by Jeremiah N. Suggest a correction in the comments below.
To comment on specific lyrics, highlight them

More Videos